文字サイズ

滋賀県建築工事基準単価表および設計業務委託等技術者単価について

令和元年度滋賀県建築工事単価表一部改定(令和2年4月1日適用)

県が発注する工事(建築課所管分に限る。)の積算基準である令和元度滋賀県建築工事基準単価表(建築工事編、電気設備工事編、機械設備工事編)の一部を改定し、令和2年4月1日以降に入札公告するものから適用します。

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価、令和2年度設計業務委託等技術者単価の適用について

土木交通部では、令和2年3月1日より令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価、令和2年度設計業務委託等技術者単価(以下「新労務単価」という。)が適用されていますが、県が発注する工事・業務委託等(建築課所管分に限る。)の積算に用いる「新労務単価」の適用については、令和2年4月1日以降に入札公告するものから適用する予定です。

なお、令和2年3月1日から令和2年3月31日までの間に入札公告するものについては、平成31年度(令和元年度)公共工事設計労務単価、平成31年度(令和元年度)設計業務委託等技術者単価を適用していることから、「新労務単価」の運用に係る特例措置を適用します。

[参考]

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価、令和2年度設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置について(土木交通部)

http://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kendoseibi/gizyutsu/304509.html

令和元年度滋賀県建築工事単価表一部改定(令和元年12月1日適用)

県が発注する工事(建築課所管分に限る。)の積算基準である令和元度滋賀県建築工事基準単価表(建築工事編、電気設備工事編、機械設備工事編)の一部を改定し、令和元年12月1日以降に入札公告するものから適用します。

令和元年度滋賀県建築工事単価表(令和元年7月1日適用)

県が発注する工事(建築課所管分に限る。)の積算基準である令和元年度滋賀県建築工事基準単価表(建築工事編、電気設備工事編、機械設備工事編)を作成し、令和元年7月1日以降に入札公告するものから適用します。

お問い合わせ
土木交通部 建築課ファシリティ支援係
電話番号:077-528-4257
FAX番号:077-528-4911
メールアドレス:hb01@pref.shiga.lg.jp