文字サイズ

平成31年二級・木造建築士試験案内

二級建築士試験および木造建築士試験は、建築士法第13条の規定に基づいて、滋賀県知事により行われるものです。試験の実施に関する事務は、建築士法第15条の6第1項の規定に基づき、滋賀県知事が指定試験機関に指定している(公財)建築技術教育普及センターが行います。 受験申込に関しての不明な点は、(公財)建築技術教育普及センターまたは(公社)滋賀県建築士会へお問い合わせ下さい。

実施公告

受験資格要件について

建築士法の改正(平成20年11月28日施行)に伴い、平成21年度までに入学した者と平成21年度以降に入学した者との学歴用件や実務経験用件の考え方が、改正法の施行日前(平成20年11月27日まで)と後(平成20年11月28日以降)で異なっています。
概要は次のとおりですが詳しくは、受験申込書および受験要領を確認して下さい。

学歴要件

平成20年11月28日以降は、『国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業後、所定の実務経験』という要件となっています。
ただし、法施行時にすでに所定の学校を卒業している者法施行時に所定の学校に在学する者で施行日以後に当該学校を卒業した者については、従来の学歴要件が適用されます。

実務経験要件

改正前の『建築に関する実務』という幅広い要件から、『設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務に限定した要件』に変更されました。具体的には『建築士法第14条第一号及び第四号の国土交通省令で定める建築に関する実務(建築実務)』となりました。
原則として、従来の実務経験要件(建築に関する実務)は平成20年11月27日までの実務について適用され、新しい実務経験要件(設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務に限定した要件)は法施行日(平成20年11月28日)後における実務経験について適用されます。

※不正の手段による受験の合格については、合格の取消または受験の禁止とされます。また、その処分を受けた者は、3年以内の期間を定めて受験を禁止されることがあります。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。