文字サイズ

耐震診断が受けられる要件や流れはどうなってるの?(木造住宅の耐震診断について)

木造住宅の耐震診断について

  • 現地調査は、原則目視で行います。(部分的な破壊調査等は行いません。)
  • 既存図面等は、診断に有効な資料となります。
  • 調査に要する時間は、建物の規模や構造により多少異なりますが、概ね2~3時間程度です。
  • 日本建築防災協会の販売しているプログラムなどを活用して、電算処理をしています。
  • 調査を行う診断員は、お住まいの市町から依頼を受けて派遣された建築士です。
  • その他、耐震補強をお考えの方には、更に詳細な耐震診断である精密耐震診断(有料)の実施をおすすめします。

木造住宅耐震診断員派遣事業の対象となる住宅の要件について

  • 昭和56年5月31日以前に着工され、完成しているもの。
  • 延べ面積の過半の部分が住宅の用に供されているもの。
  • 階数が2階以下かつ延べ面積300平方メートル以下のもの。
  • 木造軸組工法のもので、枠組み壁工法、丸太組工法の住宅ではないもの。
  • 国土交通大臣等の特別な認定を得た工法による住宅ではないもの。

耐震診断の費用について

  • 無料(国、県、市町の負担により事業を実施していますので、診断を受ける方の負担はありません。)

滋賀県木造住宅耐震診断員派遣事業の流れ(一部異なる市町があります。)

木造住宅耐震診断員派遣事業

流れ1.
流れ2.

各市町申込み用紙(ダウンロード)

流れ3.
流れ4.
流れ5.
流れ6.
流れ7.
流れ終

お問い合わせ

滋賀県土木交通部建築課建築指導室
電話番号:077-528-4262
FAX番号:077-528-4912
メールアドレス:hb0101@pref.shiga.lg.jp