文字サイズ

宅地建物取引士資格登録事項の変更登録申請について

変更登録とは

宅地建物取引士の資格登録をしている者(以下「取引士等」といい、取引士証の交付を受けていない、いわゆる、「宅地建物取引士資格者」も含みます。)が、その登録事項に変更があったとき行う申請です。
資格登録簿登載事項には、氏名や住所をはじめ試験合格日などの個人データが入っていますが、このうち変更申請を要するものは、(1)氏名、(2)住所、(3)本籍地、(4)宅建業の従事先の4点です。

提出書類

(提出書類)
事 項 提 出 書 類 添 付 書 類
氏名の変更 宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(項番11) 1.戸籍抄本
宅地建物取引士証書換え交付申請書(現に有効な取引士証の交付を受けている場合のみ) 2.顔写真2枚(申請前6か月以内に撮影した、無帽、正面、上半身、無背景の縦3cm×横2.4cm(顔2cm程度)のカラー写真)3.滋賀県収入証紙4,500円※書換後の取引士証の交付は、旧取引士証と引き換えになります。
住所の変更 宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(項番12) 1.住民票抄本(転居前後の住所の記載のあるもの。複数回にわたり転居し、現登録の住所が住民票で確認できない場合は、住民票の除票または戸籍の附票を添付)
宅地建物取引士証(現に有効な取引士証の交付を受けている場合のみ) 原則として取引士証に住所変更の裏書きを行います。
本籍の変更 宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(項番13) 1.戸籍抄本
従事先の変更 宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(項番14) 1.退職証明書(勤務先を退職した場合)2.出向辞令の原本と写しまたは出向証明書(勤務先から出向した場合)3.宅地建物取引業者名簿登載事項変更届出書の写し(勤務先の商号または名称の変更の場合)

住所変更がされていないと取引士証更新時期に更新の案内が届かないこともあります。また、取引士等が転職や転勤したり、取引士証の交付を受けようとしたとき、変更登録申請をしていなかったため、手続が進まないこともありますので、変更事項が生じた時は、速やかに届け出てください。