文字サイズ

竣工・登記・精算

施主検査

工事が竣工すると、業者立会のもと、施主検査を行います。
その際に工事の不備や不満点があれば、やり直しや補修工事を行ってから引き渡しとなります。
この際に、玄関や床の間など、目立つところの不備はもちろんのこと、ドアやふすまの建て付けや床のきしみなど、家としての基本的な機能部分を重点的にチェックすることが大切です。

完了検査

工事が完了してから4日以内に県や特定の市の建築主事に届け出を行い、完了検査を受けることが必要です。
なお、民間の指定確認検査機関へ申請することも可能になります。

登記

工事が終わってから、表示登記、保存登記、ローンを利用した場合は抵当権設定登記を行います。

精算・支払方法

「建物は完成し、施主検査も無事終わったが、後で追加した外溝工事との兼ね合いで支払時期を巡ってトラブルになってしまった。」ということがあります。
本体工事と別途工事は別のものであり、事前前に工事毎に金額や支払い条件をはっきりさせておく必要があります。