文字サイズ

万一不具合が発生したときは

万一不具合が発生したときは

住宅のリフォーム工事で万一不具合が発生したとき、大きなトラブルに発展しないようにするため、次のような点に留意してください。
(1)不具合に関する記録の作成不具合の場所、内容、状況、発見日時等の記録を作成しておきます。
不具合の状況の写真記録を残しておくのも一つの方法です。その上で事業者へ連絡し、一緒に不具合の状況を確認してください。
(2)保証の確認保証書や保証約款がある場合には、保証内容を確認してください。
(3)瑕疵等不具合に対する責任リフォーム工事の瑕疵等不具合については、保証書や保証約款に定める保証のほか、民法その他の法律上の権利を行使できる場合があります。詳しくは専門家にご相談ください。
(4)事業者との協議、第三者機関への相談事業者とよく協議し、その内容を記録しておいて下さい。またトラブルに関する相談ができる第三者機関もあります。
困ったときは・・・
困ったときは・・・ 住まいるダイヤルご利用ください!!

不具合発生時の対応の流れ

1 不具合の記録
不具合の場所、内容、状況、発見日時等の記録をしておきます。
不具合の状況の写真記録を残しておくのも一つの方法です。

2 事業者への連絡
事業者に不具合の発生状況を連絡し、現場確認の日程を調整してください。

3 現場の確認
事業者と一緒に不具合の状況を確認してください。

4 契約書等の準備
契約書、保証書等を用意してください。

5 事業者との協議等
契約書等の書類をもとに事業者と協議してください。

6 相談窓口への相談
事業者と協議がうまくいかない場合は、相談窓口へ相談しましょう。