地すべり防止区域

地すべり防止区域とは

地すべりをしている区域または地すべりするおそれがきわめて大きい区域およびこれに隣接する地域のうち、地すべりを助長し、誘発するような一定の行為を制限する土地として主務大臣が指定した区域。

指定が必要な土地
  1. 地すべり地域の面積が5ヘクタール(市街化区域にあっては2ヘクタール)以上のもの。
  2. 崩土が、下流河川に被害を及ぼすおそれのあるもの。
  3. 公共施設又は、人家等の保全のため、砂防設備の設置又は一定の行為の禁止若しくは制限が必要と認められる区域
地すべり防止区域に指定されると
地すべり対策事業の実施

地すべり防止区域において、滋賀県知事および主務大臣が、国土の保全のために行う事業。

地すべり防止区域図
制限行為

1.地下水を誘致し、または停滞させる行為で地下水を増加させること。

2.地下水の排水施設の機能を阻害する行為。

3.地表水を放流し、または停滞させる行為。

4.ため池、用水路等の工作物を新築し、改築し、または除却すること。

5.土地の掘さく、盛土、開墾その他土地の形状を変更すること。

平子地すべり防止区域看板
戻る
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」