文字サイズ

長命寺川(蛇砂川)・八日市新川改修事業

流域の概要

長命寺川(蛇砂川)は、鈴鹿山系の麓を源とし、東近江市(永源寺地区・旧八日市地区)・安土町・近江八幡市を通り、いったん西の湖に流入した後、琵琶湖に注ぐ延長26kmの一級河川です。

洪水時に流れる水量に比べ川幅が狭く、また、典型的な天井川になっていることから、破堤や溢水、内水による浸水被害等、幾多の大災害を引き起こし、梅雨や台風等の大雨のたびに沿川住民の生活を脅かしてきました。

また、中流域では急激な市街化が進んでいることから、大幅な河川の拡幅が望めず、改修効果を早期に発揮させるためには、上流域および中流域の洪水を愛知川に流す新たな放水路が必要でした。

このため、長命寺川(蛇砂川)および山本川の改修、八日市新川、和南川および平成川からなる河川改修計画を策定し、整備を進めています。

改修事業について

長命寺川(蛇砂川)

  • 長命寺川(蛇砂川)改修事業は、東近江市市辺町地先から琵琶湖に至るまでの約14.0kmの区間を改修する事業です。
  • 現川の拡幅と河床の切り下げにより改修を行いますが、蛇行が著しい区間や住宅密集地については河道の付け替えを行います。
  • 現在、旧中山道部の工事を施工中で、上流へ向けて改修工事を進めています。

山本川

  • 山本川は、東近江市五個荘山本町付近を源とし、繖山(きぬがさやま)を囲むように流れ、安土町常楽寺地先で西の湖に注ぐ一級河川です。
  • 以前の山本川は、近江八幡市御所内町地先において、蛇砂川へ合流してましたが、「県営かんがい排水事業」により、蛇砂川と切り離し、西の湖へ直接流れるように改修されました。

八日市新川

  • 八日市新川改修事業は、東近江市街を貫流する蛇砂川の洪水の一部を愛知川へ流すため、東近江市尻無町地先から東近江市川合寺町地先までの放水路約3.9kmを開削する事業です。
  • 現在、周辺の土地利用計画と調整を図りながら、市街地内の河川として周辺環境と調和した改修を進めています。

和南川および平成川

  • 和南川および平成川は、蛇砂川最上流域の洪水を和南川を経て愛知川へ流すための放水路として計画され、平成6年に着工し、平成14年に工事完了しました。
  • 放水路の完成により、蛇砂川上流域および中流域の洪水危険性低減に効果を発揮しているところです。

西の湖浄化事業

  • 西の湖は、安土町と近江八幡市に広がる県内最大の内湖で、周辺には美しい自然の恵みとしてヨシ群落が広く分布し、その景観が琵琶湖八景の「春色、安土・八幡の水郷」に選定されており、全国的にも珍しい水郷地帯を形成しています。
  • 近年、西の湖を取り巻く水環境の悪化が著しいことから、水質改善のため、窒素やリンを含んだ泥を除去する「しゅんせつ」工事などを実施しています。