文字サイズ

道路の構造

一般的に道路はアスファルトまたはコンクリートで舗装されています。アスファルト舗装は、図に示すとおり上から表層、基層、上層路盤、下層路盤の4層からなっており、その下を路床と呼んでいます。

表層

一層が5cm程度のアスファルト混合物の最上層。交通荷重を分散して下層に伝達するとともに、快適な走行を保つため交通荷重からの流動、摩耗、ひびわれ等に抵抗しています。

基層

表層の一つ下層に敷設される5cm程度のアスファルト混合物の層。役割としては表層に加わる交通荷重を路盤に均一に伝達します。重車両の交通量に応じては省略されることもあります。

路盤(上層路盤・下層路盤)

上層から伝達された交通荷重をさらに分散させ路床に伝達する層で、砕石やスラグが使われます。

舗装の種類