文字サイズ

滋賀県の外来生物

ミシシッピアカミミガメ、オオキンケイギク
  • 外来種(外来生物)とは
  • 侵略的外来種と外来種問題
  • 侵略的外来種の悪影響
  • 外来種問題への対応

外来種(外来生物)とは

私たちの身の回りには、多くの生き物がすんでいますが、もともとその場所にはいなかったものが増えてきています。

このような生き物は、人間の手により、意図的、非意図的にかかわらず自然分布域でない場所に連れて来られたもので「外来種(外来生物)」と呼ばれます。

外来種には外国起源のもの(国外外来種)だけでなく、国内の他の地域から持ち込まれたもの(国内外来種)もあります。 

侵略的外来種と外来種問題

私たちは普段の生活で食料や薬品、繊維、木材など、さまざまな生き物の恩恵を受けていますが、作物や家畜の多くはもともと国外起源の生き物で、その意味では外来種になります。

つまり、外来種のなかには私たちの暮らしになくてはならない大切なものもあるわけです。

しかし、その一方で、人の手を離れて野外で増えて悪影響を及ぼすようになり、その状態を放置できなくなっている外来種もいます。

このような外来種のことを「侵略的外来種」と呼び、それらが引き起こすさまざまな「外来種問題」が増えてきています。

侵略的外来種の悪影響

侵略的外来種がもたらす悪影響は、自然の生態系や生物多様性に対するものと、私たちの生産活動や生活に対するものがあります。

自然生態系(生物多様性)への影響

・捕食(食べること)による影響…もともとそこで暮らしていた生き物を食べつくしてしまう。
(例)オオクチバス、ヌートリア、ウシガエル、アメリカザリガニなど

・競合(うばい合うこと)による影響…在来種とすみ場所やエサをうばい合う。在来種を追いやってしまうこと(駆逐)もある。
(例)アカミミガメ、オオキンケイギク、オオアカウキクサ(アゾラ)など

・遺伝的かく乱による影響…在来種と交配し、その遺伝的特徴を失わせる。
(例)タイリクバラタナゴ、外来タンポポ類など

・伝染病の伝播…病原性の生物・ウィルスを持ち込む。
(例)冷水病、コイヘルペス症、松枯れ病などの病原生物・ウィルス

・環境の改変…大規模に生息・生育することでその場所の環境を変えてしまう。
(例)ソウギョ、コイ、モウソウチク、オオバナミズキンバイなど

私たちの生産活動や生活への被害

・漁業への被害:オオクチバス、ブルーギル、オオバナミズキンバイ、コカナダモなど

・人に直接傷を負わせる:カミツキガメ、セアカゴケグモなど

・住宅や神社・仏閣などへの侵入:アライグマ、ハクビシンなど

・誤食、混入による中毒:ドクニンジン

・利水施設の障害:カワヒバリガイ

外来種問題への対応

外来種問題は、私たちの日常生活にも密着した問題であり、一人ひとりの理解と適切な対応が求められます。

外来種問題は、外来種が広い範囲に広まってから深刻化することが多いことを考えると、そうした外来種を持ち込むことをできるだけしないようにし、広がらないような取組を行い、影響を緩和・軽減するための対策を採ることになります。

環境省は外来種問題を深刻化しないようにするため、国民に向けて「外来生物被害予防三原則:入れない、捨てない、広めない」を提言しています。

つまり、問題となりそうな外来種をまずは国内に入れない、あるいは生活の中に持ち込まないこと、一旦飼育・栽培してしまった外来種は絶対に捨てたりしないこと、そして外来種の分布を広げることになる行為をできるだけ慎むことが大切だと指摘しています。

お問い合わせ
滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課生物多様性戦略推進室
電話番号:077-528-3483
FAX番号:077-528-4846
メールアドレス:dg00@pref.shiga.lg.jp