文字サイズ

陽光差し込む健康な森林づくり事業

滋賀033

森林の持つ公益的機能が十分に発揮されるように、適切な森林管理を支援しています。適切に管理をすることで多様で健全な森林づくりを目指します。

環境林整備事業

道から遠距離にあり、採算が合わず放置された人工林において、所有者・市・事業主体の三者による協定締結後、必要な間伐等を実施しています。間伐を実施することにより林内に光を入れ、広葉樹の生育を促し、針葉樹と広葉樹が入り混じった森林へと導きます。

湖北では、平成26年度は179.2ha実施しています。平成18年から平成26年までに72箇所協定を結び、延べ419.5ha実施しています。

施工前

施工後

放置林防止対策境界明確化事業

放置された森林を整備しようとする際、所有者や境界が分からないため、森林整備が出来ない区域もあります。この問題を解消するために、境界の明確化を進めることに対して事前調査から測量までの作業に対し、支援をしています。

平成23年度より事業を開始しており、湖北では平成26年度までに624.4haの森林について実施しています。

境界の確認

境界杭

森林動物対策事業

ニホンジカの急増に伴い、枝葉や樹皮の食害により森林地域の植生が衰退し森林土壌の流出や生物多様性が損なわれる等の問題が起こっています。そのため、獣害の軽減を目的として、平成22年度よりニホンジカの捕獲等に対して支援をしています。

平成26年度の湖北でのニホンジカの捕獲数は、目標が2,900頭であり、実績は2,810頭です(達成率97%)。

※窓口は自然環境保全課になります。

お問い合わせ

滋賀県湖北森林整備事務所 
電話番号:0749-65-6617
FAX番号:0749-63-4155
メールアドレス:dj33@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。