文字サイズ

「森林の土地の所有者届出制度」とは

「森林法」改正により、平成24年4月以降に新たに森林の土地所有者となった方は、その森林が所在する市町村へ90日以内に届け出ることが必要です。この制度は、森林法が定める諸制度を円滑に実施する上で森林所有者を把握することが重要であるため、設けられたものです。

届出の対象者

  • 個人か法人かを問わず、売買や相続などによって新たに地域森林計画の対象とする 森林の土地を取得した方全てが対象
  • ただし、「国土利用計画法」に基づく土地売買契約の届出(県民活動生活課サイトへリンク)を 提出している場合は対象外

地域森林計画対象森林は、市町や県の森林政策課および各森林整備事務所に備え付けてある「森林計画図」で確認できます。 

届出事項

  • 届出者と前所有者の住所、氏名
  • 所有者となった年月日
  • 所有権移転の原因
  • 土地の所在地、面積
  • 土地の用途等

土地の位置を示す地図、登記事項証明書・売買契約書等の書類の写しを添付してください。

その他

関連情報

関連情報平成28年1月1日以降、琵琶湖の水源森林地域内において森林の土地の売買等の契約をしようとするときは、『水源森林地域保全条例(平成27年4月1日施行)』に基づいて、30日前までに県へ届け出る必要があります。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課
電話番号:077-528-3914
FAX番号:077-528-4886
メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。