文字サイズ

淡海の巨木資料館

淡海の巨木資料館~淡海の巨木探訪~

歴史と文化に恵まれた滋賀県には、まだまだ多く の巨木が残っています。歴史の試練を乗り越え、風雪に耐えてきた巨木は、年輪の数だけ芽を吹き、あるものは花を咲かせてきました。

「野神」さんと呼ばれ、村のシンボルとして毎年「野神」のお祭りに、御神酒を供え、しめ縄を飾って五穀豊穣が祈られるなど、地域の人々に大切にされてきた巨木がある一方で山のなかでひっそりとほ とんど人目に触れず生き続けてきたものもあります。
巨木たちの姿は、私たちに多くのことを語り、 想像させてくれます。

(表)
▲樹齢700年と言われるイブキの巨木 (米原市清滝) ▲ 樹齢1200年と言われるスギの巨木(甲賀市甲南町)
清滝のイブキ
スギの巨木

最近、道路の建設や拡張、住宅や大規模な建物の建設、大気の汚染、マツクイムシの被害などで、巨木が育つ環境が急激に悪化しています。さらには巨木を保護する意識の低下とともに、 いとも簡単に枝や根が切られ、伐採されることも増えてきました。

巨木を破壊することはほんの一瞬ですが、守り育てるには、大変な労力や時間が必要です。私たちには、この歴史の生き証人、巨木たちを 次の世代に引き継いでいく責任があります。

ここに紹介する巨木はほんの一部ですが、皆 さんの近くにも巨木はあります。巨木に出会っ てあげてください。巨木たちはきっと喜んでくれることでしょう。

淡海の巨木探訪

滋賀県内の巨木を紹介しています。皆さんのまちの巨木をさがしてみませんか。

巨木を保全するために

巨木を守る人々を紹介しています。

◆◇◆ 淡海の巨木レポート ◆◇◆