文字サイズ

滋賀県森林CO2吸収量認証制度 交付団体 積水樹脂株式会社

積水樹脂株式会社

平成25年度は第8回森づくり交流会ふれあいフェスタ2013にて副知事より証書が交付されました。(平成25年10月5日)

平成25年度
●整備年度:平成22年度、 平成23年度、平成24年度
●整備内容:植栽、下刈り、除伐、間伐
●対象面積(場所):5.86ha(日野町)
●吸収量:17.05 ton-CO2/年

平成24年度
●整備年度:平成22年度、 平成23年度
●整備内容:植栽、下刈り、間伐
●対象面積(場所):3.95ha(日野町)
●吸収量:9.28 ton-CO2/年

平成23年度
●整備年度:平成22年度
●整備内容:間伐
●対象面積(場所):0.14ha(日野町)
●吸収量:0.80 ton-CO2/年

積水樹脂グループは、「価値ある製品の創造を通じて社会の福祉と進歩に貢献」することを経営の理念として掲げ、都市環境、街路住建、産業生活など幅広い分野で事業を展開しています。
「都市環境関連分野」では、防音壁材、交通安全製品、標識・標示材製品、人工木、人工芝等、「街路・住建関連分野」では、防護柵、高欄、シェルター、メッシュフェンス、メタカラー建材、アルミ樹脂複合板等、「産業生活関連分野」では、梱包用バンド、ストレッチフィルム、生活関連製品、農園芸資材、組立システムパイプ、デジタルピッキングシステム等の製造・加工及び販売を行っています。
滋賀工場は、竜王町にあり、防護柵、交通安全資材、人工木材、防音壁、メッシュフェンス等を製造しています。滋賀工場の従業員は約340名。

滋賀県では、県のコーディネイトのもと、企業と森林所有者との間で『琵琶湖森林づくりパートナー協定』制度を設けています。この制度は、企業からの資金提供などにより森林整備をしていただくものです。積水樹脂株式会社は、綿向生産森林組合とこのパートナー協定を締結し、森林整備に取り組まれました。

整備された森林の樹種はヒノキ、スギおよび広葉樹で、日野町にあります。平成22年度に0.14haの間伐、平成23年度に0.16haの植栽、2.26haの下刈りおよび1.39haの間伐、平成24年度に0.33haの植栽と1.58haの除伐を実施されました。その結果、森林CO2の吸収量は、平成23年度に0.80トン、平成24年度に9.28トン、平成25年度に17.05トンの認証となります。

取組の様子

CO2吸収証書(平成23年度、平成24年度)
植栽に取り組む様子。
sekisui2
森林整備活動には社員の皆様も参加されました。
森林整備活動に参加した社員のみなさまの集合写真

関連リンク

お問い合わせ
滋賀県琵琶湖環境部森林政策課 
電話番号:077-528-3918
FAX番号:077-528-4886
メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp