文字サイズ

森林を育む間伐材利用促進事業

森林所有者の皆様へ環境を重視した森林づくり
3森林を育む間伐材利用促進事業
目的

間伐材を搬出・利用することで、資源の循環と二酸化炭素の固定による地球温暖化防止に貢献します。
実績については、こちらのページをご覧ください。

二酸化炭素の固定とは・・・
木材は、腐ると二酸化炭素(CO2)と水に分解されます。間伐材を木製品として利用することで、このCO2を木の中に閉じ込めておくことができます。

3-1「地球温暖化防止対策県産材供給支援事業」〈森林組合等が実施〉

事業内容
森林組合等が、間伐材等の県産材を搬出し、住宅の柱やベニヤ材、パルプ材などに仕分けして、多段階にくまなく利用することで、健全な森林の育成と二酸化炭素の固定による森林吸収源対策を推進します。需用者のニーズにあわせて、適切に仕分け・寸検する経費および保管・ロットをとりまとめる経費を助成します。
供給支援事業ポンチ絵
仕分け土場

3-2「間伐材搬出対策事業」〈市町または森林組合が実施〉

事業内容
間伐材の利用を促進するため、簡易な間伐材搬出路作設と、伐採・搬出に必要な林業機械のレンタル利用を支援をします。
補助率
間伐材搬出路作設 定額、 林業機械レンタル 2分の1
林業機械
フォワーダ
グラップル

◎ 森林所有者の皆様へ

今まで間伐材を搬出できなかった場所でも、施業の集約化とあわせて間伐材搬出路と高性能林業機械を組み合わせれば、間伐材の搬出が可能となります。ぜひご相談ください。

はじめよう、琵琶湖へつながる、森づくり。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課
電話番号:077-528-3914
FAX番号:077-528-4886
メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。