大気汚染常時監視測定

滋賀県では、自動測定機による大気汚染調査を昭和47年に開始して以来、現在は県内9カ所に大気自動測定局を設置し、常時監視を行っています。

(1) 滋賀県における監視体制

(2) 環境基準

(3) 測定結果

最新(7日間)の大気汚染測定結果は、大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」(環境省)で見ることができます。

(二酸化硫黄、浮遊粒子状物質、光化学オキシダント、二酸化窒素、一酸化炭素、微小粒子状物質等)有害大気汚染物質については、

有害大気汚染物質については、有害大気情報のページを参照してください。

滋賀県でのPM2.5測定結果について

滋賀県内の大気自動測定局におけるPM2.5の測定結果を以下のページ等で確認できます。

各測定局の測定データについては、以下の測定局名をクリックすると見ることができます(そらまめ君のページ内のデータに直接リンクしています)。

【一般局:一般環境大気測定局】

堅田局草津局守山局甲賀局八幡局東近江局彦根局長浜局高島局

【自排局:自動車排出ガス測定局】

逢坂局石山局自排草津局

※堅田局・逢坂局・石山局は、大津市が管理している測定局です。

  • 県内のPM2.5測定結果 : 県内の測定局におけるPM2.5の日平均値(速報値)のデータを確認できます。

(1)滋賀県における監視体制

滋賀県における監視体制大気自動測定局の設置場所
位置図(GIF:17KB)

(表)
一般環境測定局
草津局 草津市草津町1839 滋賀県立湖南農業高校内
守山局 守山市守山五丁目130-5 保健医療ゾーンみどりの広場内
甲賀局 *4 甲賀市水口町水口6200 滋賀県甲賀合同庁舎内
八幡局 近江八幡市中村町25 近江八幡市立市民保健センター内
東近江局 東近江市春日町1-15 滋賀県立八日市南高等学校内
彦根局 *3 彦根市西今町800 滋賀県立盲学校内
長浜局 *2 長浜市分木町8-5 職業訓練法人滋賀県調理短期大学校内
高島局 高島市今津町南新保地先 旧今津水質自動測定局舎内
自動車排出ガス測定局
自排草津局 *1 草津市草津3丁目14-75 滋賀県南部合同庁舎内

*1 平成15年4月に旧栗東局を栗東市坊袋225-2から移転し、自排草津局としました。

*2 平成17年11月に長浜局を長浜市地福寺町3-72から移転しました。

*3 平成24年3月に彦根局を彦根市芹川町443から移転しました。

*4 平成24年9月に自排水口局を廃止し、平成25年1月に甲賀局を設置しました。

(2)環境基準

環境基準環境基準は、人の健康を保護し、および生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準で、連続監視の対象となっている大気汚染物質の環境基準は次のとおりです。(局によって測定していない項目もあります。)大気汚染に係る環境基準

(表)
二酸化硫黄(SO2) 1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること。
浮遊粒子状物質(SPM) 1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3であること。
光化学オキシダント(Ox) 1時間値が0.06ppm以下であること。
二酸化窒素 (NO2) 1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内またはそれ以下であること。
一酸化炭素(CO) 1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること。
微小粒子状物質(PM2.5) 1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。

(3)測定結果

測定結果平成29年度の測定結果は次のとおりでした。過去の測定結果については、大気汚染常時監視測定結果等報告書大気データベースを参照ください。

1. 平成29年度測定結果概要

自動測定により測定している項目については、光化学オキシダントを除く5項目(二酸化硫黄・浮遊粒子状物質・二酸化窒素・一酸化炭素・微小粒子状物質)が長期的評価による環境基準に適合していました。光化学オキシダントについては、全国的な状況と同様に、環境基準を達成することができませんでした。

2. 二酸化硫黄(SO2)

二酸化硫黄(SO2)は石油などの化石燃料に含まれる硫黄分が燃焼することで発生します。低硫黄の原油輸入や脱硫処理、規制の強化などにより、近年は低い濃度で推移しています。平成29年度は、全局で環境基準を達成しました。経年的な変化としては、ここ数年は横ばい傾向を示しています。

SO2

3. 浮遊粒子状物質(SPM)

浮遊粒子状物質(SPM)は粒径10マイクロメートル以下(100%カット)の粒子状物質で、工場から排出される粉じんや自動車走行に伴う道路ダストの舞いあがりといった人為的要因によるものと、土壌の舞いあがりといった自然的要因によるものがあります。平成29年度は、全局で環境基準を達成しました。経年的な変化としては、ここ数年は減少傾向を示しています。

SPM

4. 光化学オキシダント(Ox)

光化学オキシダント(Ox)は、大気中で主に窒素酸化物(NOx)と炭化水素(HC)が紫外線を受け、光化学反応を起こすと発生します。平成29年度のOx値は、全国的な状況と同様に、環境基準を全局で達成できませんでした。経年的な変化としては、減少傾向があるとは言えません。

また、従来の評価方法(1時間値が0.06 ppm以下であること)では、気象要因による年ごとの変動が大きいことから、新たな指標(新指標)での評価方法も導入されています。新指標によると、長期的な動きとしては若干の変動はあるものの、横ばい傾向を示しています。

光化学スモッグ注意報は、気象条件から0.12ppm以上の1時間値が継続するとみられる時に発令し、平成29年度については、延べ2日間5地域において注意報を発令しました。

Ox
Ox-sinsihyo

※ 新指標の評価方法は、1日における8時間平均値の最高値のうち、年間上位1 %を除いた値の、3年平均で評価します。

光化学スモッグ注意報発令の年次推移( 光化学スモッグ情報

(表)
年度 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
発令日数 2 6 4 1 0 3 0 0 1 2
発令述地域数 7 8 7 1 0 7 0 0 3 5

5. 二酸化窒素(NO2)

二酸化窒素(NO2)は、主に工場、自動車、家庭等から排出される一酸化窒素(NO)が大気中で酸化されたものです。平成29年度は、全局で環境基準を達成しました。経年的な変化としては、減少傾向が続いています。

NO2

6. 一酸化炭素(CO)

一酸化炭素(CO)は炭素化合物の不完全燃焼によって発生し、自動車が主な発生源です。測定開始以来、すべての測定局で基準を達成しています。経年的な変化としては、ここ数年は横ばい傾向を示しています。

CO

7. 微小粒子状物質(PM2.5)

微小粒子状物質(PM2.5)は、粒径が2.5マイクロメートル以下(50%カット)の粒子状物質で、SPM同様、人為的要因によるものと自然的要因によるものがあります。平成29年度は、全局で環境基準を達成しました。経年的な変化としては、近年は減少傾向にあります。

PM

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 
電話番号:077-526-4800
FAX番号:077-526-4803
メールアドレス:de51200@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」