淡海のくらし 環境への心づかい

この「淡海のくらし」は、県民や事業者のみなさんが、環境にできるだけ負荷を与えない行動を自ら考え、選択するための指針(ガイドライン)です。日常生活や事業活動の様々な場面において何か行動を起こそうとするとき、法律や条例を守ることに加え、どんなことをすればよいか、具体的な取組を示しています。
県ではこの指針が日常の生活や事業活動の様々な場面で直接利用するほか、広報誌等による環境啓発あるいは環境啓発冊子の作成などの参考とされることで、環境への心づかいが広く普及することを目指しています。
日常生活、事業活動、開発行為の3つの場面ごとの指針となっています。

  • 日常生活での環境への心づかい
  • 事業活動での環境への心づかい
  • 開発行為での環境への心づかい

もう爺さんの環境絵本

淡海のくらしを絵本形式で紹介した『もう爺さんの環境絵本』を、M・O・H通信(新江州株式会社循環型社会システム研究所M・O・H通信編集局編集・発行)と協働で作成しました。
県庁環境政策課または各環境・総合事務所環境課で無料で配布しています。

※本書の内容(電子データを含む)を無断で複写、複製、転載することは、お断りします。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」