文字サイズ

ラムサール条約と琵琶湖/ラムサール条約湿地「琵琶湖」

ラムサール条約と琵琶湖

ラムサール条約湿地「琵琶湖」

琵琶湖は、日本のほぼ中央に位置するわが国最大の淡水湖で、近畿1400万人の命の水であるだけでなく、多様な動植物が生息・生育しています。

琵琶湖には、毎年、ヒシクイ、コハクチョウ、カモ類などが6万羽以上飛来しており、全国的に見ても名高い渡り鳥の越冬地ともなっています。琵琶湖は鳥獣保護区に指定され、国定公園にも指定されています。また、平成4年(1992年)に施行されたヨシ群落保全条例により、水鳥にとっても重要な、ヨシ群落の保全が図られています。
ラムサール条約湿地を指定するための国際的な基準の一つに、「定期的に2万羽以上の水鳥を支える湿地」という基準があり、琵琶湖はその基準を満たしていることから、滋賀県は平成5年(1993年)3月、琵琶湖がラムサール条約湿地となるよう国に申し入れを行いました。これを受けて、必要な手続きが行われ、平成5年(1993年)6月10日、北海道釧路市で開催された「ラムサール条約第5回締約国会議」において琵琶湖の湿地登録認定証の交付を受け、日本国内で9番目のラムサール条約湿地となったのです。
また、平成20年10月30日、韓国昌原市で開催された第10回締約国会議において、西之湖が拡大登録されました。これにより、ラムサール条約湿地としての琵琶湖は琵琶湖(65,602ha)と西之湖(382ha)をあわせて65,984haとなりました。

ラムサール条約湿地~琵琶湖~

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課 
電話番号:077-528-3480
FAX番号:077-528-4846
メールアドレス:dg00@pref.shiga.lg.jp