文字サイズ

県立社会体育施設のネーミングライツパートナー募集(新規募集)について

1. ネーミングライツ導入の目的

滋賀県では、県立社会体育施設の長期的、継続的な運営基盤を確立し、魅力あるスポーツ事業の展開や、より良いサービスの提供を通じて、スポーツの振興を図るため、県立社会体育施設に愛称を付与する権利を取得するネーミングライツパートナーを募集します。

2. 募集対象施設

  • 滋賀県立栗東体育館
  • 滋賀県立スポーツ会館
  • 滋賀県立アイスアリーナ
  • 滋賀県立琵琶湖漕艇場
  • 滋賀県立ライフル射撃場
  • 滋賀県立伊吹運動場
  • 滋賀県立柳が崎ヨットハーバー

3. 募集概要

  1. 県が希望するネーミングライツ料(年額:消費税及び地方消費税を含む)
    • 滋賀県立栗東体育館 150万円
    • 滋賀県立スポーツ会館 150万円
    • 滋賀県立アイスアリーナ 380万円
    • 滋賀県立琵琶湖漕艇場 40万円
    • 滋賀県立ライフル射撃場 10万円
    • 滋賀県立伊吹運動場 30万円
    • 滋賀県立柳が崎ヨットハーバー 20万円
      ※金額は県が希望する金額であり、この金額未満でも申込みは可能です。
  2. 契約期間
    平成28年4月1日から平成33年3月31日まで
    但し、滋賀県立琵琶湖漕艇場については、平成28年4月1日から平成31年3月31日まで
  3. ネーミングライツパートナー特典
    ネーミングライツパートナーからの申し出により、別途協議の上、決定します。
  4. 愛称の表示
    愛称の表示が可能なものは、施設の入り口の看板、施設敷地内の案内板、印刷物(パンフレット、ポスター、チラシ等)、施設のホームページなどへの表示となります。
  5. 愛称の普及・定着
    県は愛称の普及・定着を図るため、県の各種広報において愛称を使用するとともに、施設管理者やメディア、県内市町等に対し、愛称の使用を働きかけます。

4. 応募資格

各社会体育施設のネーミングパートナーとしてふさわしい法人その他の団体もしくはそれらにより構成されたグループで、募集要項で定める応募資格を満たす者を対象とします。

5. 募集期間

平成27年9月10日から平成27年10月7日まで

募集期間中に応募がない場合は、その後随時募集します。

6. 選定方法および選定基準

募集期間終了後に別途設置する選定委員会において、応募資格、愛称案、ネーミングライツ料、経営の安定性、地域貢献等を総合的に審査し、候補者として選定します。

その後、決定された候補者と契約内容について協議を行い、合意に至った場合、契約を締結します。

関連リンク
その他の施設のネーミングライツパートナーについて(経営企画・協働推進室のページへ)

お問い合わせ

滋賀県文化スポーツ部スポーツ課
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。