文字サイズ

2017年度「美の滋賀」探訪ツアー

(表)
年月日 ツアー名
2018年3月18日 まつりの美を発見 フォトジェニック滋賀紀行
2018年3月4日 学芸員と行く白洲正子が愛した湖北の観音と神秘の島に出会う一日旅
2018年2月11日 湖西の暮らしと自然をめぐるフォトジェニック滋賀紀行
2018年2月3日 表現の可能性に出会い、滋賀の美を体験する一日旅
2018年1月27日 滋賀の建築・今昔の美を感じる一日旅
2017年12月6日 学芸員と行く比叡山秘仏特別公開と神と仏の美をめぐる一日旅

まつりの美を発見 フォトジェニック滋賀紀行

 3月18日(日曜日)に開催し、27名の方にご参加いただきました。
MIHO MUSEUM、日牟禮八幡宮を写真家の辻村耕司さんとともに巡りました。

左義長まつり
撮影 : MAKIKO TAKEMURA

学芸員と行く白洲正子が愛した湖北の観音と神秘の島に出会う一日旅

3月4日(日曜日)に開催し、29名の方にご参加いただきました。
長浜港からの竹生島クルーズ、渡岸寺観音堂(向源寺)、高月観音の里歴史民俗資料館、赤後寺、石道寺を巡りました。
湖と山の風景の下で、ひっそりと守られてきた観音様。地域の方々がどのように観音様を守ってこられたのか、受け継がれてきた想いに触れることができた旅となりました。

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1657671384287038

湖北の観音
撮影 : MAKIKO TAKEMURA

湖西の暮らしと自然をめぐるフォトジェニック滋賀紀行

2月11日(日曜日)に開催し、25名の方にご参加いただきました。
白鬚神社、日本遺産の針江・生水の郷、琉球藍染工房 ウメノコヤさん、創作活動を行う作家の藍染と木工の工房、メタセコイア並木を、写真家の佐藤仁重さんとともに巡りました。
カメラやスマホを片手に、自然と共生する滋賀の隠れた魅力を皆さん写真に収められていました。

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1657670367620473

湖西の暮らし
撮影 : MAKIKO TAKEMURA

表現の可能性に出会い、滋賀の美を体験する一日旅

2月3日(土曜日)に開催しました。
創作活動が盛んな障害者支援施設やまなみ工房の創作工房とギャラリー、信楽陶園たぬき村、佐川美術館の「魔法の美術館II」展を巡りました。
今回の旅は22名の参加があり、多くの子どもたちにご参加いただきました。
大人も子どもも初めて出会うアートに、たくさんの驚きや発見を見い出す旅となりました。

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1633478850039625

滋賀の美
撮影 : MAKIKO TAKEMURA

滋賀の建築・今昔の美を感じる一日旅

1月27日(土曜日)に開催し、23名の方にご参加いただきました。
当日は連日の積雪により、辺り一面は雪景色。雪のちらつく中、一級建築士で滋賀県ヘリテージマネージャーの柴山直子さんの案内で、江戸時代に建てられた大津の町家を訪問、暮らしぶりを見せていただいた後、大津百町館、ホテルセトレマリーナびわ湖、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、ヴォーリズ記念館、ラ コリーナ近江八幡を巡ってきました。
滋賀の昔ながらの建築、また、最新の建築まで、昔と今の暮らしに思いを馳せ、滋賀を再発見する旅となりました。

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1633476923373151

滋賀の建築
撮影 : MAKIKO TAKEMURA

学芸員と行く比叡山秘仏特別公開と神と仏の美をめぐる一日旅

12月6日(水曜日)に開催し、41名の方にご参加いただきました。
学芸員の解説を聞きながら、三井寺、唐崎神社、延暦寺、浮御堂を巡りました。
普段は非公開の三井寺の光浄院客殿、延暦寺の秘仏御本尊と出会い、自然と調和した景色を眺め、滋賀の良さを改めて感じていただけた旅となりました。
風景を切り取るフレームを使った写真撮影も好評でした。

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1633474420040068

比叡山秘仏
撮影 : MAKIKO TAKEMURA

お問い合わせ

滋賀県文化スポーツ部文化芸術振興課美の滋賀企画室
電話番号:077-528-3346
FAX番号:077-528-4833
メールアドレス:kinbi@pref.shiga.lg.jp