文字サイズ

「美の滋賀」講座

「美の滋賀」の奥深い魅力を、県内、関西圏・首都圏をはじめとする多くの皆さんに知っていただくきっかけを創出するため、滋賀県内および東京都内で講座を開催しました。

白洲正子が愛した滋賀 神と仏の美を語る】

日時:平成30年1月17日(水曜日)14時00分~15時30分
会場:LEAGUE有楽町(東京都千代田区)
内容:日本の美について優れた随筆を数多く残した白洲正子は、「かくれ里」をはじめとした名著を数多く残しています。白洲正子が愛した滋賀の神仏の魅力を、各講師からご説明いただきました。
講師:高梨純次氏((公財)秀明文化財団参事(MIHO MUSEUM研究・展示担当))、西木政統氏(東京国立博物館研究員)、和澄浩介氏(滋賀県立近代美術館学芸員)

神と仏
撮影:MAKIKO TAKEMURA

【フォトジェニック「美の滋賀」―写真講座】

日時:平成30年1月17日(水曜日)18時30分~20時00分
会場:LEAGUE有楽町(東京都千代田区)
内容:豊かな自然や歴史、暮らしの中にある「美」を見出し、魅力的なシーンとして切り取る写真の撮り方を、風景や手仕事による生活道具など、「美の滋賀」をモチーフに写真家から学びました。
講師:佐藤仁重氏(写真家)、亀口美穂氏(ローカルメディアしがトコ編集長)
協力:パナソニック株式会社 LUMIX CLUB PicMate

フォトジェニック
撮影:MAKIKO TAKEMURA

【日本美術を応援する―山本春挙と蘆花浅水荘】

日時:平成30年3月10日(土曜日)13時30分~16時30分
会場:蘆花浅水荘(記恩寺)(大津市中庄1丁目19-23)
内容:春挙の人間性が反映された蘆花浅水荘を会場に「日本美術応援団」団長としても活躍している山下裕二先生を講師としてお迎えし、春挙を切り口に滋賀の日本美術 の魅力について触れていただきました。
講師:山下裕二氏(美術史家・明治学院大学教授)

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1663138287073681

山本春挙と蘆花浅水荘
撮影:MAKIKO TAKEMURA

【アーティストといっしょにワークショップ『かみぶくろのくにへようこそ』】

日時:平成30年3月11日(日曜日)10時00分~12時00分
会場:びわ湖ホール 3階研修室
内容:現在休館中の滋賀県立近代美術館に所蔵されている作品とその作者について、皆さんに身近に感じていただけるよう、作家によるワークショップを開催しています。
今回お招きしたのは、ユニークな作品や全国各地で開催されているワークショップで人気のアーティスト 小沢剛(おざわつよし)さん。
『かみぶくろのくにへようこそ』をテーマに、子どもたちと一緒に身近にある素材、かみぶくろを使ったワークショップを行っていただきました。
講師:小沢 剛 氏(現代美術家・東京芸術大学教授)

facebookは以下
https://www.facebook.com/shiga.museum/posts/1663141483740028

『かみぶくろのくにへようこそ』
撮影:MAKIKO TAKEMURA

お問い合わせ

滋賀県文化スポーツ部文化芸術振興課美の滋賀企画室
電話番号:077-528-3346
FAX番号:077-528-4833
メールアドレス:kinbi@pref.shiga.lg.jp