令和元年「国民安全の日」について

概要

毎年7月1日は「国民安全の日」です。この日は、一人ひとりが日常生活のあらゆる面において、施設や行動の安全について反省を加え、その安全確保に留意し、これを習慣化する気運を高め、安全を脅かす災害の発生の防止を図るため、昭和35年に創設されたものです。

毎年、関係行政機関において「国民安全の日」にふさわしい行事が実施されています。例えば、本年の国の行政機関における具体的な取り組み事例が、内閣府ホームページに公表されています。

重点実施事項

不慮の事故による死亡者総数に占める子供および高齢者の割合の推移を踏まえ、「子供および高齢者の安全対策」が重点実施事項とされています。

本県においても、大津市で保育園児ら16人が死傷した事故など、短期間に重大な死亡事故が続発しています。また、今年は交通事故による死亡者が6月24日現在で35人と昨年同期に比べ2倍以上となっており、憂慮すべき状況となっています。

県民の皆様におかれましても、交通事故をはじめ、安全を脅かす災害はいつでも、誰の身にも起こりうるということを認識して、安全確保に努めてください。

お問い合わせ

防災危機管理局
電話番号:077-528-3433
FAX番号:077-528-6037
メールアドレス:as00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」