文字サイズ

微生物係

  • 感染症の拡大防止、食中毒病因物質の究明、食品衛生対策、飲用水対策、環境衛生対策に係わる検査および病原体の同定を行っています。
  • また、これらの感染症や食中毒に係わる調査研究を行っており、最近では、種々の病原体について遺伝子レベルまで解析し、保健衛生行政の科学的根拠の資料にしています。

食中毒等の検査

  • 食中毒等による集団下痢症等の細菌検査および寄生虫検査を行っています。
  • 細菌学的試験研究を行っています。
bisei1
bisei2

食品検査

食中毒発生防止、不良食品の流通防止をはかるため、県内で製造または販売されている食品の成分規格及び衛生規範等に基づく検査を行っています。

bisei3
食品の細菌検査

分子生物学的疫学解析

腸管出血性大腸菌やパルスフィールド電気泳動(PFGE)パターン等によるDNA解析を行っています。

bisei9
パルスフィールド電気泳動(PFGE)パターン

結核の検査

喀痰(塗抹、培養)や血液(QFT)を用いて結核の感染の有無を調べる検査およびVNTR法による遺伝子解析検査を行っています。

結核検査
QFT検査

ウイルス検査

  • MERS、SFTS、デング熱、ジカ熱などウイルス疾患の緊急検査を行っています。
  • 感染症発生動向調査として、手足口病、無菌性髄膜炎、感染性胃腸炎、インフルエンザなどの病因ウイルスを調査しています。
  • 食中毒検査として、ノロウイルス、サポウイルスなど下痢症ウイルスの検索をしています。

細胞によるウイルス培養

virus1
正常な細胞
virus2
ウイルスが感染した細胞

遺伝子検査

virus3
リアルタイムPCR
virus4
リアルタイムPCRの解析画像

遺伝子解析

virus5
DNAシーケンサー
virus6
DNA解析波形

感染症流行予測調査

  • ブタ血清中の日本脳炎ウイルスに対する抗体を測定し、間接的に日本脳炎ウイルスの蔓延状況を調べています。
  • ブタの鼻腔ぬぐい液のインフルエンザウイルスの検査を行い、新しいインフルエンザウイルスの出現を監視しています。

蚊媒介性ウイルスおよびマダニ媒介性ウイルスの調査

  • 蚊およびマダニを捕集し、種類の分類を行い生息状況を調査しています。
  • 捕集した蚊がデングウイルス、ジカウイルスを保有していないか調べています。
  • 捕集したマダニがSFTSウイルスを保有していないか調べています。
virus7
蚊の捕集
virus8
捕集した蚊
virus9
マダニの捕集
virus10
フタトゲチマダニ(メス)
お問い合わせ
微生物係
電話番号:077-537-3051