文字サイズ

感染症発生動向調査

 平成11年4月に「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」が施行され、この法律に基づいて「感染症発生動向調査事業実施要綱」が厚生省より通知されました。滋賀県においても、「滋賀県感染症発生動向調査事業実施要綱」が制定され、滋賀県衛生科学センターに感染症情報センターが設置されました。感染症情報センターでは、県内のそれぞれの地域における患者情報および病原体情報を収集・解析し、これらの情報を提供しています。

実施要領および様式等

 滋賀県健康医療福祉部内の組織変更に伴い、令和3年4月1日に「感染症発生動向調査事業実施要綱」が改正されています。

  • 表1. 患者定点の種別、担当すべき医療機関の条件、対象疾患、調査単位および報告様式
  • 表2. 患者定点の数
  • 表3. 病原体定点の数
  • 各種定点医療機関の届出様式
  • 一類感染症、二類感染症、三類感染症、四類感染症、五類感染症、新型インフルエンザ等感染症及び指定感染症検査票 (病原体)

医師および獣医師が届出を行う感染症

疑似症サーベイランスシステム操作マニュアル (医療機関向け)

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。