文字サイズ

令和2年3月中学校、義務教育学校および特別支援学校中学部卒業予定者の第2次進路志望調査結果

本調査は、令和2年3月に県内の中学校、義務教育学校および特別支援学校中学部を卒業する予定の生徒の進路志望状況を、令和2年1月に調査したもので、

令和元年度の第2次調査にあたります。(第1次調査は令和元年9月に実施)

 各構成比については四捨五入をしているため、合計数と一致しない場合があります。

主要ポイント

中学校、義務教育学校および特別支援学校中学部卒業予定者は13,942人で、前年同期に比べ229人減少しました。

卒業予定者のうち、高等学校等への進学志望率は99.4%で、前年同期より0.1ポイント上昇しました。

県立全日制高等学校の募集定員に対する平均志望倍率は1.06倍となっています。ただし、県立中高一貫教育校の内部進学にかかる志望者・定員を除きます。

調査結果

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。