文字サイズ

令和3年度「学校・図書館・ボランティアを結ぶ実践発表会」を開催します

主旨

いつでもどこでも、すべての子どもたちが楽しく読書できる――そのためには読書環境の整備が必要であり、また学校および学校図書館、公共図書館、地域の読書ボランティアが相互に連携していくことが大切です。

そこで、その方々の連携を深め、学校図書館の更なる活性化を図るため、学校図書館の活用や子どもの読書推進に関する講演をはじめ、学校図書館支援に関わる取組に関して、県内の特徴的な実践の発表をしていただく、「学校・図書館・ボランティアを結ぶ実践発表会」を開催します。

日時

令和4年1月18日(火曜日) 13時から16時30分

場所

対象

小中学校・義務教育学校管理職、学校図書館担当教諭、学校司書、各市町学校図書館行政担当者、公共図書館職員、読書ボランティア等

内容

【実践発表】「いつでもどこでもだれでも二人ブックトーク」
報告:ブックトーク研究会ぶっくあい
市島恵子氏、小西眞知子氏

【講演】「子どもの豊かな読書環境をめざして」
講師:笹倉剛氏(神戸親和女子大学教授)
子どもにとっての読書の意義に加え、そのなかで学校図書館が果たす役割や、学校や地域が連携して子どもの自主的な読書をすすめる取り組みについてもお話しいただきます。

【情報交換・意見交流】

 

参加申込方法

  1. しがネット受付サービスからのお申し込み
  2. メール、ファックスによるお申し込み
    添付の申込書に必要事項を記入いただき、メールおよびFAXにて下記宛先に申込ください。

参加定員

60名(定員に達し次第締め切り)

その他

  • 手指消毒用アルコールの設置や定期的な換気、座席間隔をあけるなど感染防止対策を講じます。
  • 御来場の際はマスクの着用に御協力ください。
  • 発熱、体調不良の場合は、来場をお控えください。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、研修会の内容や持ち方を変更する場合があります。滋賀県学習情報提供システムにおねっとにて研修会についての情報を発信しますので、御確認ください。
お問い合わせ
教育委員会事務局 生涯学習課
電話番号:077‐528‐4654
FAX番号:077-528-4962
メールアドレス:ma06@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。