文字サイズ

河瀬中学校・高等学校「ふくしま」学習について

~福島県が推進する震災・原発事故の被災地域をフィールドとした教育プログラム~

「ホープツーリズム」オンライン学習

県立河瀬中学校・高等学校では今年度、東日本大震災で被災した福島の震災・原発事故、復興についての学習をオンラインで行います。福島県の推進するホープツーリズムのプログラムとして放課後の時間を利用し合計4回の講座を設定し、現地で復興に携わる各分野の専門家より対話形式を用いて学習します。

震災・防災学習にとどまらず、この先の未来に向けて、自分事としてどのように活かすのかを探究し、創造する力を引き出すことを目標とする学習を計画しておりますのでお知らせします。

1 日時

第1回:令和3年10月22日(金曜日)

第2回:令和3年10月25日(月曜日)

第3回:令和3年11月 1日(月曜日)

第4回:令和3年11月12日(金曜日)

 各日とも15時45分~17時30分

2 場所

県立河瀬中学校・高等学校 視聴覚室

3 対象

県立河瀬中学校・高等学校 中学3年生から高校2年生までの受講希望者24名

4 内容

第1回オンラインフィールドワーク(国道6号、請戸地区)

SDGsに係る復興に携わる専門家との対話(エネルギー系)

第2回東京電力社員もしくはOBとの対話

第3回SDGsに係る復興に携わる専門家との対話(農業系)

第4回ワークショップ

 以上

マスコットキャラクター募集中

河瀬中学校・高等学校は来年、中学創立20 周年、高校創立40 周年

を迎えます。これからも、河瀬中・高の生徒の皆さんをはじめ、地域

の皆さんに愛される学校になるよう、河瀬中学校・高等学校が持つ魅

力を発信してくれる、マスコットキャラクターのデザイン原案を募集

しています。河瀬中・高の卒業生の皆さんの応募をお待ちしています。

 

お問い合わせ
滋賀県立河瀬中学校・高等学校
電話番号:0749-25-2200