文字サイズ

滋賀県初の快挙!・・・全国2位になりました!令和2年度SSH生徒研究発表会にて科学技術振興機構理事長賞受賞!~全国からの出場校222校中、第2位相当~(彦根東高)

 文部科学省が指定する「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」は、先進的な科学技術、理科・数学教育を通じて、生徒の科学的能力や科学的思考力等を培うことで、将来社会を牽引する科学技術人材を育成する取組です。SSHの指定を受けている学校ではさまざまな事業を行う中で、特に課題研究に重点を置いています。

 

 例年、夏に全国のSSH指定校等の生徒が学校代表として、一堂に会し研究発表を行っています。本校では、数学の研究に取り組んだグループが、題名『 “自然数の累乗和”の累乗公式 ~図形の入れ子構造を利用した公式生成アルゴリズム~ 』の発表を行い、数学・情報分野で第1位に選ばれ、最終審査に進みました。(222校出場中の上位6校)

 先日(8月28日)行われました最終審査の結果、国立研究開発法人科学技術振興機構理事長賞〔全国2位相当〕(加えて、生徒投票賞)を受賞しました。本受賞は滋賀県初となる快挙です。

 ( 本年度は新型コロナウイルス感染症の拡大予防によりWeb上での発表、表彰式となりました。)

 

なお、賞状等は、後日学校に送付されます。

【お問合せ】

県立彦根東高等学校

電話番号:0749-22-4800