文字サイズ

令和3年度フォトレポート

令和3年9月10日(金曜日)確かな学力向上対策会議を実施しました

学力向上対策会議

9月10日(金曜日)、全国学力・学習状況調査の結果を踏まえた今後の取組について、市町教育委員会との連携を図り、円滑で適切な取組を進めるため、確かな学力向上対策会議を開催しました。

問題別調査結果や課題の改善に向けた取組の重点について、県教育委員会から説明するとともに、市町教育委員会と今後の取組について協議しました。

子どもたちが「わかった」「できた」と実感し、学ぶ喜びを味わえるように取組を進めていきます。

令和3年8月3日(火曜日)「しが生徒会オンライン交流会」を実施しました

しが生徒会オンライン交流会
しが生徒会オンライン交流会
しが生徒会オンライン交流会

8月3日(火曜日)、「しが生徒会オンライン交流会」を実施しました。県内12市町24中学校の生徒会役員が「自分たちの取組を紹介しよう」「自分たちの学校をよりよくするためにできることを考えよう」の2つのテーマで意見交流しました。アドバイザーとして参加した高校生からも様々な発言があり、より考えを深めることができました。

交流会に参加した三日月知事からは、学校生活はみんなで暮らす社会の活動でもあり、自分のことを大事にしながら、周りのみんなのことも一緒に考えていくことの大事さについてお話いただきました。また、講師を務めた國學院大學の杉田洋教授からは、一人ではなく他者と関わりながら活動することで生まれる絆について講義していただきました。

今回得た他校との新たなつながりから、各校の生徒会活動の更なる飛躍が感じられる交流会となりました。

令和3年7月9日(金曜日)県立安曇川高等学校を訪問しました!

令和3年度3回目のふれあい教育対談として、7月9日(金曜日)に、滋賀県教育委員が県立安曇川高等学校を訪問しました。訪問テーマは、前回に引き続き「これからの魅力ある高等学校づくりについて」です。

安曇川高等学校の特色ある学びの取組を視察し、意見交換が行われました。

詳しくは、ふれあい教育対談のページをご覧ください。

令和3年6月14日(月曜日) 滋賀県教育委員が県立彦根翔西館高等学校を訪問しました

第2回ふれあい教育対談

令和3年度2回目のふれあい教育対談として、6月14日(月曜日)に、滋賀県教育委員が県立彦根翔西館高等学校を訪問しました。訪問テーマは、「これからの魅力ある高等学校づくりについて」です。

授業参観や施設見学をした後、活発な意見交換が行われました。

詳しくは、ふれあい教育対談のページをご覧ください。

令和3年6月9日(水曜日)人生100年時代の地域における学びと活躍推進事業 “他分野連携型研修会”を開催しました

他分野連携型研修会

6月9日(水曜日)、人生100年時代の地域における学びと活躍推進事業として「地域のつながり」をテーマに“他分野連携型研修会”を開催しました。この研修会は、多様な分野の垣根を越えて地域課題に取り組む、新たな連携・協働を推進するための学びの機会です。

はじめに「奥永源寺地域から見る地方創生の可能性」として、株式会社みんなの奥永源寺の前川真司代表取締役から、「つながる力をはぐくむ生活を」として、一般社団法人暮らし育て組の吉田尚子理事から事例発表をしていただきました。その後、これからの地域のつながりについて、活発に意見交換が行われました。

詳しくは、「におねっと」令和3年度他分野連携型研修会のページをご覧ください。

令和3年5月27日(木曜日) 滋賀県教育委員が滋賀大学教職大学院を訪問しました

第1回ふれあい教育対談

令和3年度1回目のふれあい教育対談として、5月27日(木曜日)に、滋賀県教育委員が滋賀大学教職大学院を訪問しました。訪問テーマは、「滋賀の教育を支える人材の育成について」です。

訪問当日は、「学校経営力開発コース」と「ダイバーシティ教育力開発コース」の講義を参観し、大学教員、現職教員学生、学部新卒学生の方々とそれぞれ意見交換を行いました。

詳しくは、ふれあい教育対談のページをご覧ください。

令和3年5月24日(月曜日) 令和3年度「湖の子」出航式を開催しました

湖の子出航

新型コロナウイルス感染症の影響により、出航が延期となっていましたが、5月24日(月曜日)に、長浜港にて出航式を開催しました。この日は、米原市立大原小学校・息長小学校、長浜市立長浜北小学校の3校合わせて139名の児童が乗船しました。

学習船「うみのこ」を目の前にした子どもたちは、「すごい!大きい!」「早く乗りたい!」と胸を躍らせていました。

詳しくは、びわ湖フローティングスクールのホームページへ。他にも、サテライト学習や感染症防止対策の動画などをご覧いただけます。

令和3年5月11日(火曜日)学習船「うみのこ」の落水者救助訓練

落水者救助訓練

5月11日(火曜日)、学習船「うみのこ」で落水者救助訓練を実施しました。

この訓練では、船から児童が転落した場合を想定し、船員らスタッフが連携して、落水者に見立てた人形を救助しました。

昭和58年の就航以来、58万人以上の児童が乗船しましたが、今まで一人の落水者も出ていません。今後も緊急時に備え、児童の安全を最優先に考えて航海を実施していきます。

詳しくは、びわ湖フローティングスクールのホームページへ。他にも、サテライト学習や感染症防止対策の動画などをご覧いただけます。

令和3年4月12日(月曜日)令和3年度滋賀県教育行政重点施策説明会

R3重点説明会

滋賀県の教育行政の円滑な推進にあたり、市町との連携を図るため、県内市町の教育委員を対象として令和3年度の教育行政重点施策の説明会および市町教育委員会委員研修会を開催しました。
今年度の重点施策として、ICTを活用した「読み解く力」の育成、主権者教育の充実、図書館サービスの充実、学校における働き方改革の推進等について説明したほか、研修会については、宝塚大学看護学部の日高
晴教授から、「学校で配慮と支援が必要なLGBTsの子どもたち」を演題に御講演いただきました。

令和3年(2021年)4月1日(木曜日)滋賀県立学校新規採用教職員辞令交付式

辞令交付式
辞令交付式2

今年度新たに県立学校に採用された教職員への辞令交付式が、4月1日(木曜日)、県庁で行われました。新規採用教職員の代表として、膳所高等学校の古石春佳教諭が福永教育長から辞令を受け取り、石山高等学校の中村優教諭が、力強く宣誓書を朗読しました。その後、福永教育長が「滋賀の教職員としてスタートする今日の日の決意を決して忘れることなく、それぞれの職場で存分に持てる力を発揮してください。共に滋賀の教育のために頑張りましょう。」と訓話を行いました。

新規採用教職員103名は、教職員としての自覚と責任を胸に、自らが成長しながら滋賀の未来を担う子どもたちの教育に邁進していく決意をしました。

フォトレポートバックナンバー

お問い合わせ
教育委員会事務局 教育総務課
電話番号:077-528-4512
FAX番号:077-528-4950
メールアドレス:ma0002@pref.shiga.lg.jp