魚のゆりかご水田で田植え体験が行われました!(野洲市須原)

 初夏を迎えつつある中、田んぼでは田植えのシーズンを迎えています。

 

 先日、野洲市須原にある「魚のゆりかご水田」でも田植え体験が行われました!

 

 夏のような日が差す中、水田のオーナーをはじめ、子どもたちなど80名ほどの方々が集い、マスク等の感染対策をしながら田植えを楽しんでおられました。

 

 雨がふると水の流れができて、水路を魚がのぼってきて水田へやってきます。

 今年は梅雨入りが早く雨が早めにふるので、早い時期から魚が遡上しやすいそうです。

 

 合間には、日本農業遺産「琵琶湖システム」の説明も行わせていただきました!

 

 須原では、6月に田んぼの生き物観察会、9月に稲刈り体験が予定されています。

 

 その様子も今後お届けしてまいりますので、お楽しみに!

田植えをする参加者
田植え
琵琶湖システムの説明