文字サイズ

湖国の感動未来へつなぐわたSHIGA輝く国スポ・障スポ

綱引

写真:綱引の様子

綱引

1チーム8人の2チームで、1本の綱を引き合い、勝敗を競います。

かつて、オリンピック種目として1900年パリ大会から1920年アントワープ大会まで行われており、復活を目指しています。
競技は、時間制限はなく、相手側チームを4メートル自分側チームに引き込んだ時点で勝敗が決まります。男女ともにチームウエイト(8人の総体重)によって階級ごとに分けられます。力のぶつかり合いとともに、チームワークや忍耐力などの精神面の戦いも見どころです。