文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2014年4月30日

琵琶湖森林づくり事業

東近江管内における平成18年度の事業実施状況を、写真とともにご報告します。

 琵琶湖森林づくり事業実施マップ

 事業名の頭についている数字は、MAP内の位置です。事業名をクリックすると、報告にジャンプします。

  1. 環境林整備事業(東近江市君ヶ畑町)3.49ha
  2. 長寿の森奨励事業(蒲生郡日野町蔵王ほか)48.0ha
  3. 里山リニューアル事業(東近江市五個荘川並町)10.0ha
  4. 里山リニューアル事業(蒲生郡日野町村井)3.99ha
  5. 協働の森づくりの情報提供(東近江市五個荘石馬寺町)
  6. 県民参加の里山づくり事業(東近江市五個荘川並町)
  7. 木の学習机整備事業(近江八幡市市井町・近江兄弟社小学校)36組
  8. 木の学習机整備事業(蒲生郡安土町常楽寺・安土小学校)26組

  環境林整備事業(東近江市君ヶ畑町)

環境林施工前環境林施工後

写真左:施工前右:施工後

道から遠く(500m以上)離れ、採算が合わないなどの理由で手が入らなくなった人工林を対象に、40%以上の「強度間伐」を実施します。

林内に光を入れ広葉樹の生育を促進し、環境が豊かで生態系に富む「針広混交林」に導きます。 

  長寿の森奨励事業(蒲生郡日野町蔵王ほか)

施工後施工後

写真長寿の森奨励事業の対象林分であることを示す看板

現在45〜60年生の人工林を長伐期林(※1)へ移行させるため、現地での看板の設置や、手入れに必要となる歩道の整備などの

作業を行います。

※1長伐期林とは?…標準的な施業より伐期齢(収入を得るために伐採する林齢)を長く取る施業を行う森林です。

伐期を延ばすことで大径材の生産が可能となるほか、林地や森林生態系を長期間にわたり安定させ、森林の環境保全機能の

増進に役立ちます。

 里山リニューアル事業(東近江市五個荘川並町、蒲生郡日野町村井)

 施工前施工後

写真左:施工前右:施工後

集落の近くにある里山で松枯れ被害木の除去や竹林の整備などの森林整備を行い、県民の皆さんが森林に親しみ利用できる

場所にします。

 協働の森づくりの情報提供(東近江市五個荘石馬寺町)

 協動の森づくり作業中

10月は琵琶湖森林づくり条例で定める「びわ湖水源のもりづくり月間」です。森林がもたらす恵みについて理解と関心を深め、

森林づくりに参加していただくことを目的に、平成18年10月15日に里山整備を行いました。

 県民参加の里山づくり事業(東近江市五個荘川並町)

きぬがさ橋写真:「県民参加の里山づくり事業」で整備された「きぬがさ橋」

市町・森林所有者・里山保全グループが協定を締結し、里山をフィールドに計画から実行までを協働して継続的に行う保全活動等を

支援します。東近江市五個荘川並町の里山で活動を行う4団体が、東近江市や森林所有者と協定を締結しました。

 木の学習机整備事業(近江兄弟社小学校・安土小学校)

小学校に整備された木の学習机

小中学校等にびわ湖材(産地証明された県産材)を使用した学習机・いすの導入を支援し、子どもたちに森林の大切さや木の良さを

体感していただきます。近江兄弟社小学校では、生徒の皆さんが自分で机・いすを組み立てました。

 

  • その他にも…

・森林環境の調査研究東近江市全域で森林現況調査を行い、手入れ不足の人工林を明示したマップを作成しました。

・みんなで始めよう森づくり活動公募事業森林づくりや資源利用、森林環境学習や森林づくりの人材育成など、地域のNPO等が

行う活動を支援します。管内では6団体が活動に対し補助を受けました。

・流域森林づくり委員会推進事業地域住民・森林所有者・森林組合・NPO等が、流域のワークショップの様子

森林づくりのあり方について議論し、 自ら森林づくりに関わるとともに、県・市町等に対し

提案などを行います。

平成18年度は委員会設立の準備として、県民のみなさまに参加して頂きワークショップを

開催しました。

各回とも参加者の公募を行い、各テーマに沿ってグループ別に議論をしていただきました。

第1回:平成18年  7月  9日

第2回:平成18年  9月10日

第3回:平成18年11月12日

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。