文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年10月11日号 > ダイオキシン類対策特別措置法に係る特定施設の行政検査の結果について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年10月11日

ダイオキシン類対策特別措置法に係る特定施設の行政検査の結果について

当所が、下記事業場に設置されている特定施設(廃棄物焼却炉)の排ガス中のダイオキシン類濃度を平成30年8月31日に測定したところ、10月11日にダイオキシン類対策特別措置法(以下、「法」という。)第8条で定める排出基準を超過していることを確認したため、事業者に対し文書にて当該特定施設の使用停止ならびに原因の特定および改善を講じるよう指導しましたのでお知らせします。

1  基準を超過した施設

(1) 事業場

       日本チャールス・リバー株式会社  日野飼育センター

       滋賀県蒲生郡日野町下駒月735

(2) 特定施設

       廃棄物焼却炉(法施行令別表第1第5号)

(3) 処理能力

       火床面積1.02m2     焼却能力105kg/h

(4) 届出年月日

       平成26年6月17日

2  排ガス中のダイオキシン類濃度

(1) 採取年月日      平成30年8月31日 

(2) 測定結果          27 ng-TEQ/m3N

(3) 排出基準           5 ng-TEQ/m3

ng :10億分の1g

TEQ:毒性等量(ダイオキシン類は異性体、同族体によって毒性が異なるため、各異性体、同族体の実測濃度に毒性等価係数を乗じてその総和を求めた値。)

N:0℃、1気圧の状態に換算した値

3  原因

行政検査測定時に一酸化炭素濃度が高く不完全燃焼が生じたことが主な要因と考えられる。

4  指導概要

10月5日 :速報値が排出基準を超える値であったため、事業者に対し特定施設の使用を停止するよう口頭で要請した。

10月9日 :事業者からヒアリングを行い、原因の特定および改善を講じるよう口頭で求めた。10月5日から当該施設の使用を停止していることを確認した。

10月11日 :排出基準の超過を確認したため、事業者に対し文書および口頭にて当該施設の使用停止ならびに原因の特定および改善を講じるよう指導した。

5  過去の測定結果

(1)行政検査        実施なし 

(2)自主検査        平成29年3月15日:4.4 ng-TEQ/m3

                          平成30年6月15日:1.8 ng-TEQ/m3N

お問い合わせ

滋賀県東近江環境事務所 

電話番号:0748-22-7758

ファックス番号:0748-22-0411

メールアドレス:de42@pref.shiga.lg.jp