文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 健康医療福祉部申請書一覧 > 食の安全・安心推進条例関係様式一覧

ここから本文です。

更新日:2017年8月25日

食の安全・安心推進条例関係様式一覧

【セーフードしが(S-HACCP)】認証関係様式(条例第13条から第15条関係) 

○高度な衛生管理が行われる工程の認証【セーフードしが(S-HACCP)】に関すること

該当条文

条例第13条第1項

知事は、県内において食品等の製造、加工その他規則で定める行為(以下「製造等」という。)を行う工程であって、その衛生管理(食品等の表示に関する管理を含む。以下同じ。)の方法が危害の発生の要因についての科学的な分析に基づくものその他の高度な衛生管理の基準として規則で定める基準(以下「認証基準」という。)に適合するものを、規則で定めるところにより、高度な衛生管理が行われる工程として認証することができる

認証の承認申請

条例第13条第2項

前項の規定による認証(以下この条から第16 条までにおいて「認証」という。)を受けようとする食品等事業者は、規則で定めるところにより、知事に認証の申請をしなければならない。

認証の更新

条例第13条第3項

認証は、3年を下らない規則で定める期間(以下この条において「有効期間」という。)ごとにその更新を受けなければ、有効期間の経過によって、その効力を失う。

変更の承認

条例第14条

認証工程において食品等の製造等を行う食品等事業者(以下「認証工程事業者」という。)は、認証工程について規則で定める事項を変更しようとするときは、あらかじめ、規則で定めるところにより、知事の承認を受けなければならない。ただし、食品等の安全性を確保するため緊急を要する場合その他やむを得ない理由によりあらかじめ承認を受けるいとまがない場合は、事後において、遅滞なく、当該変更について知事の承認を受けなければならない。

廃止等の届出

または

辞退の届出

条例第15条第1項または第2項

認証工程事業者は、認証工程を廃止したときは、規則で定めるところにより、直ちに、知事に届け出なければならない。

認証工程事業者は、認証を辞退しようとするときは、あらかじめ、規則で定めるところにより、知事に届け出なければならない。

受付窓口 食品安全監視センター

ダウンロード様式

【セーフードしが(S-HACCP)】の

○認証申請書等に関する様式はこちら

○認証基準等に関する様式はこちら 

 

【輸入業の届出】関係様式(条例第17条関係) 

1. 食品等輸入事業に関する届出書

該当条文

条例第17条第1項

食品等の輸入に関し、関税法第67条の規定による申告または同法第73条第1項の規定による承認の申請を行う事業者で県内に主たる事務所を有するものは、当該申告に基づく許可または当該申請に基づく承認を受けたときは、当該許可または承認を受けた日から30日以内に、必要な事項について住所地を所管する保健所長に届け出なければならない。

受付窓口 各保健所健康衛生課(大津市保健所衛生課)
ダウンロード様式

PDF:5KB

(ワード:32KB)

2. 食品等輸入廃止(変更)届出書

該当条文

条例第17条第2項

食品等輸入事業に関する届出を行った食品等輸入事業者は、食品等の輸入を廃止したときおよび届出に係る事項に変更が生じたとき(主要な輸入品目および業務の形態を除く)は、遅滞なく、その旨を住所地を所管する保健所長に届け出なくてはならない。

受付窓口 各保健所健康衛生課(大津市保健所衛生課)
ダウンロード様式

PDF:3KB

(ワード:25KB)

【健康被害等の報告】関係の参考様式(条例第18条関係) 

1. 食品等による健康被害等情報報告書

該当条文

条例第18条第1項.第2項

生産者および食品等事業者は、流通食品等または自らが調理をした食品が食品衛生法に違反するものであることを知ったとき、または流通食品等または自らが調理をした食品について、これらを摂取し、または使用した者に健康被害が生じた旨の情報を入手したときは、必要な事項を製造所等を所管する保健所長あてその旨を報告しなければならない。

また、流通食品等または自らが調理をした食品について、これらを摂取し、または使用した者に健康被害が生じるおそれがあると考えるときは、必要な事項を製造所等を所管する保健所長あてその旨を報告するよう努めなければならない。

受付窓口 各保健所健康衛生課(大津市保健所衛生課)
ダウンロード様式

PDF:6KB

(ワード:30KB)

【自主回収】関係の参考様式(条例第19条関係) 

1. 食品等自主回収着手報告書

該当条文

条例第19条第1項

食品等の生産または製造、加工、輸入もしくは販売等をする生産者および食品等事業者は、自らが製造、加工、輸入もしくは販売等をした流通食品について、当該流通食品等に起因して人の健康に係る被害が生じ、または生じるおそれがあると考え、当該流通食品等の回収に着手したときは、必要な事項について、製造所等を所管する保健所長あてに報告しなければならない。

受付窓口 各保健所健康衛生課(大津市保健所衛生課)
ダウンロード様式

PDF:6KB

(ワード:30KB)

2. 食品等自主回収結果報告書

該当条文等

条例第19条第4項

食品等自主回収着手の報告を行った者は、当該報告に係る回収を終了したときは、速やかに、その旨を製造所等を所管する保健所長あてに報告しなければならない。

報告の目的 健康被害の発生・拡大防止のために行う県民に対する注意喚起などの措置の迅速な対応を可能とするため
受付窓口 各保健所健康衛生課(大津市保健所衛生課)
ダウンロード様式

PDF:3KB

(ワード:24KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室

電話番号:077-528-3643

ファックス番号:077-528-4861

メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp