文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

滋賀県ホームページ

  • サイトマップ
  • リンク集
  • 携帯サイト
  • foreign langage
  • 県警のしくみ
  • 運転免許のご案内

ホーム > 生活安全 > 地域安全 > 山岳遭難、登山に関する諸注意

ここから本文です。

更新日:2016年6月29日

生活安全

地域安全

インターネット登山箱

 登山される方は、必ず登山届を出しましょう。登山届は、登山口の登山箱や最寄りの警察署に提出してください。滋賀県内の山へ登山される方を対象にインターネットでも登山届を受け付けています。

NEW! コンパス登山届

  滋賀県警は、平成28年6月29日、公益社団法人日本山岳ガイド協会と同協会が運営する「コンパス登山届システム」の閲覧協定を結びました。
コンパス登山システムは  
  • 万が一の遭難時、救助活動に活用
  • 登山計画を家族・友人等と共有
  • 安全登山情報の取得
等ができるようになりました。
 パソコンやスマートフォン等の携帯端末から登録ができ、非常に便利ですのでコンパス登山届システムの利用をよろしくお願いします。 
登山届けコンパス(外部サイトへリンク)

    

 山岳遭難について

 比良、伊吹、鈴鹿、野坂等の山系からなる県内の山岳は、伊吹山(1,377m)を最高峰に、いずれも1,000m級の山で、初心者でも比較的手軽に登れることや、京阪神、中部方面に近く、交通アクセスに恵まれていることから人気があり、毎年多くの登山者が訪れています。
  中でも、中高年登山者の日帰りコースやツアー登山者の体験コースとして注目を浴びている登山スポットとなっています。
  しかし、湖国の山々を「たかだか標高1,000メートル級」と侮ることは禁物で、危険な箇所も多くあり、軽装での登山や体力不足、地理不案内等が原因で、足下の負傷や道迷いにより救助を求める山岳遭難が多発しています。
  また、遭難者の約7割が中高年者(40歳以上)で占められています。 
  
◇山岳遭難発生状況 

年別\項目

発生件数

死者

行方不明

負傷者

無事救助者

平成27年中

60

9

1

29

40

平成26年中

66

8

1

27

55

前年比

-6

+1

±0

+2

-15

   ※山岳遭難発生件数60件中、登山届の提出があったのは9件です。
  ◇山岳遭難事故マップ(大津北警察署山岳警備隊作成)

PDF 平成27年中における山岳遭難事故マップ(PDF:526KB)

登山の注意  

  1. 地図やコンパスを必ず持ちましょう。
  2. 所要時間を計算し、暗くなる前に下山しましょう。
    ※ハイキング気分で登山計画も無く入山し、暗くなって助けを求めてくる遭難が毎年数多く発生しています。
  3. 道に迷ったら来た道に戻りましょう。(滑落事故多発)
  4. 単独登山は避けましょう。(特に高齢男性の道迷い多発)
  5. 登山届を提出しましょう。(家族等にも詳しい計画を伝えておきましょう) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

  • 匿名通報ダイヤル 0120-924-839

災害に関する情報・活動

  • けいたくん防犯・交通安全情報メール
  • インターネット登山箱 
  • 落とし物情報
  • 施設見学のご案内
  • ご意見・ご要望
  • 警察署の紹介
  • 犯罪被害者支援
  • けいたくんの安全・安心動画
  • キッズコーナー
  • 滋賀県警察公式フェイスブック
  • 滋賀県警察 運営重点目標
  • 警察署協議会
  • 警察音楽隊の活動
  • サイバー犯罪対策
  • 入札関連情報
  • 公安委員会
  • 採用案内
  • がんばれ!けいたくん 県民からの応援メッセージ