文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2018年7月2日

 湖風Letter

 

DRAGON76 さん

DRAGON76(ドラゴンナナロク) さん

1976年、日野町生まれ。ストリートアートを基本とし情熱的で生命力溢れるタッチで見る者の魂に触れるような作品を描く。即興で繰り広げられるライブペインティングは世界中からのオファーも絶えず多くの観客を魅了する。2016年から拠点をニューヨークに移し活動中。2017年、ART BATTLE in NYで2度優勝。

広報誌「滋賀プラスワン」2018年7・8月号掲載

ペインター DRAGON76 さん

独自の技法とライブ感で
世界の街角を彩るアート

日野町出身のDRAGON76さんはストリートアートの本場ニューヨークを拠点に、ライブペインティングや壁画などで注目を集める気鋭のアーティスト。故郷への想い、夢を叶えるまでの道のりをうかがいました。

******

故郷への想いをこめたフェス

日野町で生まれ、育っていく中で、ずっと都会に憧れていました。でも、実際に大阪や横浜、ニューヨークに住んで、初めて故郷は人も自然も素晴らしいところだと気づいたんです。

自分が大人になって感じた滋賀の魅力をみんなに伝えたい、そして故郷に恩返しがしたいという想いから、日野町のキャンプ場でライブペインティングと音楽のフェス「HINO BIG TIME GROOVE」を企画しました。仲間や地元の商工会の皆さんと1年がかりで準備をし、5月の本番ではたくさんの人に来ていただき、大いに盛り上がりました。

一番好きなことが仕事に

子どもの頃から絵を描くことが好きで、「ガンダム」や「北斗の拳」などをよく描いていましたね。高校生になると、バンド活動と同時にCDジャケットの絵やストリートアートにも興味が広がっていきました。進学した美術専門学校では、専攻した油絵の授業より海外雑誌の絵に惹かれて、いろんな手法を試しました。それが今の作風につながっています。

卒業後は、クラブやライブハウスのイベントチラシ、カセットテープ用の絵を描くことから始めました。すると、それを見た人から仕事の依頼が来て…と徐々に仕事の場が広がっていきました。

ライブペインティングを始めたのは16年前。大好きな音楽を聞きながら、観客の前で絵を描くことはとても楽しくて、刺激的です!

夢を叶えるためには、今できることを考え、すぐに行動することが大事ですね。目標に向かってやるべきことを一つずつ実行することで、大きな夢に少しずつ近づいていけると思います。

これからも「ウロボロス(共存)」をテーマに、様々な文化や過去と未来がミックスした、誰も見たことがない世界を描いていきたいです。


POW! WOW! Long Beach 2016での作品

HINO BIG TIME GROOVEでのライブペインティング

DRAGON76さんイベント情報

●NAMIMONOGATARI XII 8月26日(日曜日)
会場:愛知県 常滑りんくうビーチ

●旅祭2018 9月1日(土曜日)・2日(日曜日)
会場:千葉県 幕張海浜公園

 

******

→ インタビュー・対談 一覧