文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 環境・自然 > 自然・動植物 > 森林保全 > 湖北森林整備事務所 > 持続可能な林業経営のススメ

ここから本文です。

更新日:2016年3月31日

持続可能な林業経営のススメ

家族も、地域も元気になる、積極的な長伐期施業の普及に取り組んでいます大径木の林内の様子

戦後植えられた木々は大きくなり、現在、主伐の時期を向かえています。しかし、木材価格の低迷など林業をとりまく環境の変化から、手入れが遅れた人工林は増え、林地の荒廃も進んでいます。森林の働きが十分に発揮されるためには、人工林の手入れは欠かせません。さらに、収入を見込んで植えた木々ですから、何とかお金になって欲しい。

そこで今、間伐した木を山から出して使っていきたいと、利用しながら育てる継続的な施業の取り組みが、森林所有者や森林組合で始まっています。

これまでの約40年で皆伐する短伐期から、間伐材で収入を得ながら約100年後を収穫時期とする長伐期へ。

森林の持つ公益的機能が十分に発揮され、森林所有者にも見返りがあるように、湖北森林整備事務所では積極的な長伐期施業の普及に取り組んでいます。

 

お問い合わせ

滋賀県湖北森林整備事務所 

電話番号:0749-65-6617

ファックス番号:0749-63-4155

メールアドレス:dj33@pref.shiga.lg.jp