文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年9月27日

企業庁

県政eしんぶんからの情報

最新情報

   ◇琵琶湖を水源とする馬渕浄水場の水道水の異臭への対応について◇ NEW!

   ◇琵琶湖を水源とする吉川浄水場の水道水の「におい」について◇ NEW!

   成28年度滋賀県企業庁職員(水道)採用選考第1次考査合格者NEW!

   ○ 企業庁の所在地、電話番号について○

   ◇ 企業庁飲料用自動販売機設置事業者を決定しました ◇

   ◇工業用水を新規受水される際の費用を支援します◇

   ◇平成28年熊本地震の被災地支援について◇

  

 

 

仕事と役割

ダミー

滋賀県企業庁では「工業用水道事業」、「水道用水供給事業」の2つの事業を経営しており、より「安全」で「安心」できる水を「安定」して供給するため、休むことなく、水道を見守っています。

 

コンテンツ一覧

工業用水道事業

工業用水道事業とは、工場等で使用される水(冷却水や洗浄水等)を供給する仕事です。

○工業用水道事業の概要

本県は古来より交通の要衝として栄え、昭和30年代後半には名神高速道路や東海道新幹線等の幹線交通網の整備がいち早く整い、また京阪神や中京に近い等立地条件に恵まれたため、企業立地が進み、急速に工業化が進展してきました。
県はこうした動向に合わせて、調和のとれた計画的な工業開発を進めるため、基盤施設である工業用水道を計画し、昭和42年に湖南工業用水道、昭和45年に彦根工業用水道の建設に着手しました。
さらに、昭和47年には南部工業用水道事業に着手し、その後昭和54年に湖南工業用水道を合併して、今日に至っています。
現在は南部工業用水道事業、彦根工業用水道事業の2事業を経営し、県内企業の生産活動を支えています。

水道用水供給事業

水道用水供給事業とは、みなさんの生活に欠かせない水道水を市町の水道施設に供給する仕事です。いわば「水道水の卸売業」にあたるものです。

○水道用水供給事業の概要

昭和40年代からの都市化の進展による人口増加や生活様式の近代化により、水需要が増大したことから、用水の安定確保を図るために県事業として、琵琶湖や野洲川を水源とし、昭和53年から現在の草津市、守山市、栗東市、野洲市、湖南市に、昭和54年から、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町に、昭和59年から甲賀市に水道用水の供給を開始しています。
現在では、湖南水道用水供給事業として、上記の8市2町に給水を行っています。

水質

浄水場

浄水場のしくみ~水道水・工業用水ができるまで~ 

広報誌・パンフレット

いろいろな取り組み

水の豆知識

キッズコーナー

経営の状況

関係団体リンク集

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県企業庁総務課

電話番号:077-589-4608

ファックス番号:077-589-4715

メールアドレス:na01100@pref.shiga.lg.jp