滋賀の風景
トップページ 民話でたどる滋賀の風景トップ 戻る
天寧寺 てんねいじ
探している顔が見つかる五百羅漢のある寺
 彦根藩主だった井伊直中(なおなか)が1828年に建立した禅寺。奥女中が不義の子を懐妊したため、手討ちにしたところ、その子どもの父親が直中の長男である直清であることが判明。知らぬとはいえ、初孫にあたる子を自分の手で殺してしまったことを後悔し、母子の菩提を弔うことを目的にしたこの寺には、京都の名工・駒井朝運(こまいちょううん)に刻ませた木造の五百羅漢像が安置されています。
 一体一体念入りに刻まれた羅漢像は、すべて表情が違い、必ず自分の探し求める人の顔があるといいます。「亡き親、子供に会いたくば五百羅漢の堂にこもれ」という言葉も残っています。
 秋には境内の萩が美しく咲き、「萩の寺」としても知られています。
地域名:湖東
所在地:彦根市
探している人の顔が見つかるという五百羅漢
探している人の顔が見つかるという五百羅漢
(撮影年不明)
天寧寺の石庭と本堂
天寧寺の石庭と本堂(2003年11月7日撮影)