• ホーム
  • センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科案内
  • 採用情報
  • 地域医療連携~医療機関の皆様~

ホーム > 院長ごあいさつ

ここから本文です。

更新日:2018年4月21日

院長ごあいさつ

滋賀県立小児保健医療センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。

当院は100床を有する比較的コンパクトな小児医療施設ですが、主に難治・慢性疾患を対象とした医療・保健・療育・福祉サービスの県の中核機関として、安心・信頼・満足の得られる医療・ケアの包括的なサービスの提供を行っています。

主に以下の4つの組織により構成されています。

1 診療部:9診療科(小児科 こころの診療科 整形外科 小児外科 耳鼻咽喉科 眼科 麻酔科 リハビリテーション科 放射線科)からなります。

2 看護部:小児の特性をふまえた専門性の高い看護を提供しています。

3 療育部:保育を含む総合療育を行い、巡回療育相談や療育研修会を開催して地域支援を行っています。

4 保健指導部:保健師、看護師、医療ソーシャルワーカーが主に地域との連携を進めています。

 

各診療科の特色については該当科のホームページをご覧いただきたく思いますが、2017年より病棟の構成を一部変更し、にじ病棟(40床)では重度障害児の在宅ケアに必要な短期レスパイトを積極的に受け入れるとともに、県内の周産期母子医療センターから、在宅に向けて重度障害の児を受け入れるNICU入院児後方支援ベッドを設置し、在宅医療の支援を行う態勢を整えています。また、小児科のアレルギー科はこの度滋賀県の医療拠点病院に認定されましたので、今後機能をさらに拡充します。

 

当院は1957年(昭和32年)に浅井町(現長浜市)に設立された滋賀整肢園に端を発し、小児整形外科センターへの移転(守山市)を経由して1988年に現在の所在地・呼称にかわりました。本年で開院30年となります。この間、当院をとりまく社会情勢は随分かわりました。また、患者様のニーズも変化してきているため、これに対応すべく施設の本格的なリニューアルを検討中です。皆様のご意見やご要望をもとにして、具体化に向けて進めて参ります。

 

「サービスはこころではない 知恵である」 京都の有名な老舗旅館の女将さんの言葉ですが、医療はサービス業の側面も大きく、患者様のニーズに丁寧に応えていく気遣いが重要です。

しかし、こころで接するのはもちろんですが、より適切な対応を考え抜き、十分な知恵をもって接していくことが真のプロフェッショナルなのだろうと思います。

今後も難治・慢性疾患を持つお子さま達に、職員の総力をあげて、知恵をしぼって、質の高い総合的な医療を提供するように努めます。何卒よろしくお願いいたします。

 

病院長 二見 徹

平成30年4月

お問い合わせ

所属課室:滋賀県立小児保健医療センター 

滋賀県守山市守山5丁目7-30

電話番号:077-582-6200

ファックス番号:077-582-6304

メールアドレス:nb02@pref.shiga.lg.jp