• ホーム
  • センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科案内
  • 採用情報
  • 地域医療連携~医療機関の皆様~

ホーム > 診療科案内 > 神経内科

ここから本文です。

更新日:2018年6月25日

神経内科

診療内容と特色

神経内科外来は小児の脳、脊髄、末梢神経、筋、等の内科的疾患を対象とする外来で、小児神経科専門医の資格を持つ医師および小児神経疾患の診療に充分な経験のある医師が診療しております。具体的には、てんかん、脳性麻痺、精神発達遅滞、染色体異常症(ダウン症候群等)発達障害(広汎性発達障害/自閉症、ADHD等)、神経変性疾患(脊髄小脳変性症や白質ジストロフィー等)、神経筋疾患(脊髄性筋萎縮症、筋ジストロフィー症、先天性ミオパチー等)、代謝性神経疾患(ミトコンドリア病、グルコース転送異常症等)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギランバレー症候群、重症筋無力症等)などです。神経内科は、精神科と異なり、精神疾患は扱いません。なお、広汎性発達障害/自閉症、学習障害、ADHDや神経性食欲不振症等は、当センターのこころの診療科との境界領域であり、病状によって神経内科で治療・指導をしていく場合と、より専門的なこころの診療科で診療を受けていただく場合がありますので、いずれの外来が良いか判らない場合は、まず神経内科外来を受診願います。

主な対象疾患

  • てんかん
  • 脳性麻痺
  • 精神発達遅滞
  • 染色体異常症(ダウン症候群等)
  • 発達障害(広汎性発達障害/自閉症、ADHD等)
  • 神経変性疾患(脊髄小脳変性症や白質ジストロフィー等)
  • 神経筋疾患(脊髄性筋萎縮症、筋ジストロフィー症、先天性ミオパチー等)
  • 代謝性神経疾患(ミトコンドリア病、グルコース転送異常症等)
  • 免疫性神経疾患(多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギランバレー症候群、重症筋無力症等)

 主な疾患の治療法

主な疾患の治療内容を、以下にて提供させていただきます。

ページトップ↑

スタッフ

熊田  知浩医師<保健指導部長>

主たる専門

てんかん、ケトン食療法

専門医資格

小児科専門医、小児神経専門医、日本てんかん学会認定医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本臨床神経生理学会、日本重症心身障害学会、日本小児感染症学会、経静脈栄養学会

柴田  実医師<療育部長>

主たる専門

てんかん、脳性麻痺、発達障害

専門医資格

小児科専門医、小児神経専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本臨床神経生理学会

野崎  章仁医師

主たる専門

小児神経全般

専門医資格

小児科専門医、小児神経専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本人類遺伝学会、日本小児アレルギー学会

 林  安里医師

主たる専門

小児神経全般

専門医資格

小児科専門医、小児神経専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会

 森  未央子医師

主たる専門

小児科全般

専門医資格 小児科専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会

井上 賢治医師

主たる専門

小児科全般

専門医資格

小児科専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本小児アレルギー学会

佐々木 彩恵子医師

主たる専門

小児科全般

専門医資格

小児科専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会

森 篤志医師

主たる専門

小児科全般

専門医資格

小児科専門医

所属学会・役職

日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会

 藤井  達哉医師<滋賀県病院事業庁技監>

主たる専門

神経筋疾患(筋ジストロフィー等)、代謝性神経疾患(ミトコンドリア病、Glut1欠損症等)、変性疾患、脳性麻痺

専門医資格

小児科専門医、小児神経専門医

所属学会・役職

日本小児神経学会評議員、国際小児神経学会、日本神経内科学会、日本先天代謝異常学会、日本ミトコンドリア学会、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本てんかん学会、近畿先天代謝異常学会世話人等

お問い合わせ

所属課室:滋賀県立小児保健医療センター 

滋賀県守山市守山5丁目7-30

電話番号:077-582-6200

ファックス番号:077-582-6304