• ホーム
  • センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科案内
  • 採用情報
  • 地域医療連携~医療機関の皆様~

ホーム > 診療科案内 > 保健指導部 > 滋賀県小児アレルギー疾患対策推進事業

センター連絡先

住所

〒524-0022
守山市守山5丁目7-30

電話番号

(代表)

077-582-6200

(予約専用)

077-582-8425

(地域連携)

077-582-6222

  • 院長あいさつ
  • 基本方針・理念
  • アクセス情報
  • 休診情報
  • 初めて受診される方へ
  • 採用情報

ここから本文です。

更新日:2017年9月18日

滋賀県小児アレルギー疾患対策推進事業「アナフィラキシー・ゼロ作戦」のページ

趣旨

本事業の目的、概要、事務局などを紹介しています。  →趣旨をクリック

平成29年度の研修会日程が決まりました。

滋賀県小児アレルギー疾患対策推進事業の一環として教育、保健、医療、福祉等の関係者を対象に始まりました食物アレルギー児への対応についての本研修会を今年も開催いたします。

今年度も外食産業に従事する方にも広く参加を呼びかけ、さらに一般の県民の方にも公開します。奮ってご参加ください!

内容:

園・学校や外食時における食物アレルギー対応の実際

日時:

第1回

平成29年8月4日(金曜日)14時30分~16時30分(受付14時00分~)

滋賀県立産業文化交流会館第1会議室(定員120名)

第2回

平成29年8月23日(水曜日)14時30分~16時30分(受付14時00分~)

滋賀県立成人病センター研究所講堂(定員150名)

第1回、第2回は終了しました。

【第3回】

平成29年11月11日(土曜日)13時30分~15時30分(受付13時00分~)

滋賀県立成人病センター研究所講堂(定員150名)

講師:

◆滋賀県立小児保健医療センター診療局長兼小児科主任部長

楠隆医師

◆アレルギーエデュケーター(看護師)

笹畑美佐子氏(8月4日、23日)

吉弘径示氏(11月11日)

 

詳しくは、以下のチラシをご参照ください。申込みは以下の申込用紙をダウンロードして記載し、FAXでお送りください。

平成29年度研修会チラシ(PDF:268KB)

平成29年度研修会申込み用紙(PDF:163KB)

食物アレルギー緊急時対応冊子を作成しました。

 

食物アレルギーでアドレナリン自己注射薬(以下、エピペン)を携帯している児童やその保護者、園・学校関係者が、いざというときにスムーズに対応するための”必要最小限“の情報を確認できるように、と「食物アレルギー緊急時対応冊子」を作成しました。

エピペンを打つタイミング、エピペンの打ち方、打った後の注意点、救急車の呼び方、など緊急時にとりあえず確認したい最小限のポイントが簡潔にまとめられています。防水性でしわになりにくい上質紙に印刷したものを滋賀県内の主要病院を始め関係機関に配布中ですが、本ホームページからPDFファイルを取り込んでご自分で印刷することもできます。

A4用紙1枚に印刷されますが、作り方マニュアルに従ってハサミで切れ込みを入れて折りたたむことにより冊子となります。

エピペンとともに携帯して、緊急時にご活用下さい。

食物アレルギー緊急時対応冊子(原稿)(PDF:632KB)

作り方マニュアル(PDF:365KB)

災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット

本ホームページでは、日本小児アレルギー学会が専門医とNPO 団体やアレルギー患者親の会と共に作成した以下のパンフレットをご紹介いたします。

災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット(日本語)(PDF:4,931KB)

災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット(英語)(PDF:190KB)

災害派遣医療スタッフ向けのアレルギー児対応マニュアル(PDF:1,590KB)

 

食物アレルギー・アナフィラキシー各種マニュアルの解説

食物アレルギーやアナフィラキシーについての各種マニュアルにつき紹介し、そのポイントについてわかりやすく解説します。 →マニュアル解説をクリック

「食物経口負荷試験はどこで受けられるの?」  - 滋賀県内病院小児科のアレルギー診療情報(平成28年8月更新しました)

食物除去の必要性、解除の可能性を探るために必須の食物経口負荷試験の実施状況をはじめ、県内の病院小児科におけるアレルギー診療情報をお届けします。平成28年8月に情報を更新しました。   →診療情報をクリック 

 通園・通学児童のアレルギー相談窓口のご案内

保育所・幼稚園・学校職員の方で、食物アレルギーをはじめ児童・生徒のアレルギー疾患への対応で悩んでおられる方はいませんか?本事業では、これらの方に対して相談窓口を設けて対応します→相談窓口をクリック

アレルギー研修会への講師紹介のご案内

地域で企画される、食物アレルギーをはじめとする子どものアレルギー疾患に関する研修会への講師を紹介します。

1)管轄機関主催や複数施設の合同開催または研修会参加予定人数が概ね20名以上の研修会を対象とします。

2)依頼先地域などを考慮して講師の先生を調整し、ご紹介します。

3)講師の先生を紹介した後は、講演内容、詳細な日程調整、謝礼の相談等は研修会主催者が講師の先生と直接行って下さい。

4)講師の紹介を希望される方は、以下の研修会講師紹介相談票に記載の上、相談票に記載の窓口宛てに申し込んで下さい。

小児アレルギー疾患研修会講師紹介相談票(ワード:24KB)

平成26年度地域関係者研修会の質疑応答から

 平成26年度に滋賀県の7医療圏域で行われた計10回の地域関係者向け食物アレルギー研修会の会場で、参加者から出たよくある質問に対して担当演者が答えた内容を、テーマ別に事務局でまとめました。

エピペンの保管方法について

保護者への対応について

エピペンを投与するタイミングについて

エピペンの処方について

・エピペン未処方児への対応について

・離乳食について

経口負荷試験について

血液検査について

症状について

その他

平成27年度食物アレルギー研修動画

 

平成27年度の研修会で用いたスライド原稿をもとにして作成した研修動画「園・学校における食物アレルギー対応の実際~事例から学ぶ管理上のピットフォール~」がインターネットTV滋賀に公開されました。

学校、保育所、幼稚園関係者を主な対象として作成されたものですが、一般の方にも視聴いただける内容となっています。

【内容】

・第1部:食物アレルギーの基本を学ぶ(8分42秒)

・第2部:アナフィラキシーとエピペン(5分2秒)

・第3部:エピペンの使い方と使うタイミング(11分41秒)

・第4部:事例から学ぶピットフォール(9分40秒)

・第5部:ロールプレイングの勧め(5分55秒)

・第6部:その食物除去、必要ですか?(5分55秒)


【ナレーション担当】

・第1部~第3部:

笹畑美佐子(滋賀県立小児保健医療センター看護師、小児アレルギーエデュケーター)

・第4部~第6部:

徳田葉子(宇治武田病院小児科看護師、小児アレルギーエデュケーター)

研修動画のページへジャンプします。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:滋賀県立小児保健医療センター 

滋賀県守山市守山5丁目7-30

電話番号:077-582-6200

ファックス番号:077-582-6304