文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > キッズプラザ > こどもプラスワン > うぉーたんの琵琶湖新時代! 琵琶湖の生態系を支えているプランクトンについて学ぼう!

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

うぉーたんの琵琶湖新時代! 琵琶湖の生態系を支えているプランクトンについて学ぼう!

うぉーたんの琵琶湖新時代! 琵琶湖の生態系を支えているプランクトンについて学ぼう!
琵琶湖博物館
琵琶湖の価値や魅力を伝えると共に、湖の環境・人・生物との関係性をリアルに体験できる博物館です。2016年7月14日にリニューアルオープンしました。
うぉーたん「今回は琵琶湖博物館でプランクトンについて学ぼう!」
琵琶湖博物館 学芸技師 鈴木 隆仁さん「プランクトンとは何か分かるかな?」
(甲賀市立甲南第一小学校6年生)北田 雄大さん「琵琶湖にはどんなプランクトンがいるのかな?」
(栗東市立治田西小学校5年生)寺井 紫音さん「プランクトンって小さいもの?」
鈴木 隆仁さん「プランクトンとは流れにのって移動する浮遊生物のことです。より大きな生物の餌となっているんだよ。」
うぉーたん「プランクトンを捕まえて顕微鏡で観察するよ!」
北田 雄大さん「見るのが楽しみ!」
寺井 紫音さん「遠くに投げるのがむずかしい!」
琵琶湖でプランクトンを捕まえるよ!
とったぞ~~!!
顕微鏡で観察するよ
寺井 紫音さん「たくさん見えるよ!」
北田 雄大さん「長いのがいるよ!」
琵琶湖博物館で新発見!
プランクトンがいる事で琵琶湖の豊かな生態系が成り立っているんだね。
新しいエリアがたくさん増えたよ!
バイカルアザラシは唯一、淡水で生活しているアザラシなんだよ。
日本では琵琶湖博物館でしか見られないバイカルヨコエビの仲間もいるよ!
琵琶湖にやってくる野鳥の剥製も展示されているよ!
うぉーたん「生物とふれあえるエリアや体験学習も実施されているよ!」