文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > しごと・産業 > 畜産業 > 検査 > 滋賀県産牛肉の放射性物質検査(全頭検査) > 滋賀県産牛肉の放射性物質検査(全頭検査)の結果について(H26.5検査分)

ここから本文です。

更新日:2014年5月30日

滋賀県産牛肉の放射性物質検査(全頭検査)の結果について(H26.5検査分)

滋賀県では環境(水、大気など)の放射性物質汚染はなく、畜産農家での汚染稲わらの流通・使用実績もないことから、滋賀県産牛肉は安全です。しかし、放射性物質に汚染された牛肉が全国的に流通していたことから消費者のみなさまの牛肉に対する不安が高まっています。このため、近江牛をはじめとする滋賀県産牛肉を安心して召し上がっていただくため、滋賀食肉センターで処理されるすべての牛を対象とした「全頭検査」を実施しています。

※本検査については、平成24年10月からの牛肉の放射性物質の新基準値(100Bq/kg)施行にあわせ、
平成24年8月30日検査分から、新基準値に対応したスクリーニング検査を行っています。

全頭検査結果

検査日

検査頭数

検査結果(放射性セシウム)

5月合計

559頭

 

平成26年5月30日

29頭

全て検出せず

平成26年5月29日

44頭

全て検出せず

平成26年5月27日

36頭

全て検出せず

平成26年5月26日

37頭

全て検出せず

平成26年5月23日

22頭

全て検出せず

平成26年5月22日

57頭

全て検出せず

平成26年5月20日

23頭

全て検出せず

平成26年5月19日

34頭

全て検出せず

平成26年5月16日

32頭

全て検出せず

平成26年5月15日

48頭

全て検出せず

平成26年5月13日

37頭

全て検出せず

平成26年5月12日

58頭

全て検出せず

平成26年5月9日

24頭

全て検出せず

平成26年5月8日

68頭

全て検出せず

平成26年5月2日

1頭

全て検出せず

平成26年5月1日

9頭

全て検出せず

 

 

 

 

 


 

<検査方法および検査結果表の見方>

※「検出せず」・・・検出下限値(25ベクレル/kg)以下であることを示す

  • 検査方法:「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」(平成24年3月1日付け厚生労働省事務連絡)に記載のNaIシンチレーションスペクトロメータによる測定
  • 検査機器:EMF211型ガンマ線スペクトロメータ(EMFジャパン株式会社製)

これまでの検査結果