文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > しごと・産業 > 畜産業 > 技術・経営支援 > 堆肥の散布方法に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2017年1月17日

堆肥の散布方法に注意しましょう!

例年秋から冬にかけ、堆肥の散布が集中して行われています。

田畑や草地などへの堆肥散布は、農作物の健全な生育に重要な作業である一方、例年「悪臭」など堆肥の散布による苦情が多く寄せられる時期でもあります。

堆肥を散布する際は、以下の点に注意して行ってください。

○十分に発酵等した「堆肥」を散布する。

○散布後、速やかに鋤きこむ。また、耕作者に速やかに鋤きこむよう要請する。

○田畑等に堆積して保管する場合は、悪臭や堆肥の流出を防ぐためブルーシート等で覆う。

○堆肥を散布することを、事前に周辺住民に知らせる。 

●畜産経営による苦情の中で最も多いものが「悪臭」となっています。

●堆肥を散布する場合は、周辺住民へ十分配慮して作業を行いましょう。

●事前に堆肥を散布することを周辺住民に知らせることも、苦情の軽減につながります。

●耕種農家へ堆肥を提供する場合は、十分に発酵した完熟堆肥を提供しましょう。

●堆肥の臭気測定を希望される場合は、最寄の県農産普及課までお問い合わせください。

 

                  畜産経営に起因する苦情発生状況

 

年度

問題の種類別苦情発生件数

悪臭発生

害虫発生

水質+悪臭

悪臭+害虫

その他

合計

平成25年

22

0

1

1

0

24

平成26年

13

1

1

1

0

16

平成27年

4

0

1

6

2

13

 

お問い合わせ

滋賀県農政水産部畜産課 

電話番号:077-528-3855

ファックス番号:077-528-4883

メールアドレス:ge00@pref.shiga.lg.jp