文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年7月18日号 > 平成30年度滋賀の文化財講座「花湖さんの打出のコヅチ」第3回神仏習合の世界『耀天記』を中心に

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年7月18日

平成30年度滋賀の文化財講座hanako2.jpg打出のコヅチ
第3回神仏習合(しんぶつしゅうごう)の世界
『耀天記(ようてんき)』を中心に

比叡山を舞台に神と仏が融合した神仏習合現象である山王信仰。その信仰はやがて、天台宗の学僧を中心に理論化され、中世には「山王神道」へと発展を遂げます。これを仏教の中から生まれた神道ということで、仏家神道(仏教神道)と呼んでいますが、その影響下で、神猿や山王鳥居、日吉造、山王祭など独自の習合文化を形成します。そして、それらの由緒や教説、祭礼の有様を記した最も古い書物が『耀天記(ようてんき)』です。琵琶湖文化館には、この『耀天記』(個人蔵)の現存最古の写本が収蔵されています。本講座では、この『耀天記』を中心に山王神道の書物を読み解きながら、中世近江の神仏習合の世界に迫りたいと思います。

shinen.jpg神猿(琵琶湖文化館蔵「日吉祭礼図絵巻」より)

1.日時:平成30年8月30日(木曜日)13時30分~15時00分 ※13時15分受付開始

2.場所:コラボしが21(大津市打出浜2-1)3階大会議室

  • JR膳所駅より徒歩約15分
  • 京阪石坂線石場駅より徒歩約5分
  • コラボしが21はびわ湖ホールの向かい側の建物です。

3.講師:渡邊勇祐(滋賀県立琵琶湖文化館学芸員)

4.主催:滋賀県教育委員会(主管:文化財保護課)、滋賀県立琵琶湖文化館

5.後援

  • 滋賀県文化財保護連盟
  • 公益社団法人びわこビジターズビューロー
  • 公益財団法人滋賀県文化財保護協会

6.募集人数:200名(事前申込制、ただし席に余裕があれば当日参加も可)

7.聴講料:無料

8.申込方法

  • 電話・FAX・メールで氏名(ふりがな)・住所(市町まで)・連絡先(電話番号)・この講座を何で知ったか、を書いて下記までお申し込みください。

9.申込先:滋賀県立琵琶湖文化館

10.問合せ

  • 滋賀県立琵琶湖文化館
  • 滋賀県教育委員会事務局文化財保護課美術工芸・民俗係
    〒520-8577滋賀県大津市京町四丁目1-1
    TEL077-528-4672/FAX077-528-4956
    メール:ma07@pref.shiga.lg.jp

11.その他

  1. 会場には駐車場がありません。付近の市営駐車場をご利用いただくか、公共交通機関でお越しください。
  2. 事前申込制ですが、席に余裕があれば当日参加も可能です。また、今回に限らず、第4回から第5回の講座への参加を申し込んでいただくこともできます。
  3. 第6回については、開催の約1か月前より別途募集を開始します。

12.今後の予定

  1. 第4回「世界遺産・国宝延暦寺根本中堂の魅力と平成の大修理」
    日時:平成30年9月20日(木曜日)
    講師:菅原和之(県教委文化財保護課)
  2. 第5回「天下布武の城安土城」
    平成30年10月11日(木曜日)
    講師:松下浩(県教委文化財保護課)
  3. 第6回「現地探訪彦根城外堀の痕跡をめぐる」
    平成30年11月8日(木曜日)
    講師:松下浩(県教委文化財保護課)

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 

電話番号:077-528-4672

ファックス番号:077-528-4956

メールアドレス:ma07@pref.shiga.lg.jp