文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年5月31日号 > 「戦国の近江」地域の魅力発信事業・東京シンポジウムシンポジウム近江戦国史4「織田信長の登場」

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年5月31日

「戦国の近江」地域の魅力発信事業・東京シンポジウム
シンポジウム近江戦国史4「織田信長の登場」

滋賀県には約1300個処の城跡があり、日本史上の画期となった戦いの舞台も多く残っているなど、滋賀県は戦国遺跡の宝庫です。

今年は、永禄11年(1568)に織田信長が後の室町幕府15代将軍足利義昭を伴って上洛してから450年を迎える節目の年です。この上洛は、戦国から近世へと時代が移り変わる日本史上の転換点であるだけでなく、近江にとっても、中世近江を支配していた守護六角氏に代わって、信長による近江支配が始まるという大きな画期となった出来事です。

このシンポジウムは、近江の戦国遺跡の魅力を広く首都圏で発信し、滋賀県への来訪者の拡大を図ることを目的として平成27年度から実施しています。皆さまの御参加をお待ちしております。

1.タイトル:シンポジウム近江戦国史4.

2.テーマ:織田信長の登場

3.日時:平成30年(2018年)10月4日(木曜日)13時30分~16時30分 12時30分開場

4.場所

  • 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟小ホール
    〒151-0052東京都渋谷区代々木神園町3-1
  • ※小田急線参宮橋駅下車徒歩約7分
  • 東京メトロ千代田線代々木公園駅下車徒歩約10分

5.内容

  • 「織田信長の虚像と実像」
    講師:堀新(ほりしん) 氏(共立女子大学教授)
    ※織田信長が歴史上に果たした役割について、近年の織田信長の再評価を踏まえて紹介する。
  • 「織田信長と近江」
    講師:松下浩(滋賀県教育委員会事務局文化財保護課主幹)
    ※織田信長の登場によって近江の戦国時代がどのように移り変わったかを紹介する。
  • 対談「織田信長の登場」
    堀新(ほりしん) 氏・松下浩

6.主催:滋賀県教育委員会

7.定員:380名(事前申込制・先着順)

8.参加費:無料

9.参加申込方法

  1. FAX・電話・メールに住所(都道府県まで)・氏名(ふりがな)・連絡先(携帯電話推奨)を記入の上、下記まで申し込み。
  2. 申込締切:平成30年10月2日(火曜日)午後5時

10.参加申込・問い合わせ

  • 滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査係
    〒521-1311滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678城郭調査事務所
    TEL:0748-46-6144/FAX:0748-46-6145
    E-mail:ma16@pref.shiga.lg.jp
  • 滋賀県教育委員会事務局文化財保護課
    TEL:077-528-4670~4675

11.チラシ(PDF:399KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 

電話番号:0748-46-6144

ファックス番号:0748-46-6145

メールアドレス:ma16@pref.shiga.lg.jp