文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年1月19日号 > 「戦国の近江」地域の魅力発信事業・連続講座「近江の城郭 足利将軍と近江」第4回鈎陣所跡

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年1月19日

「戦国の近江」地域の魅力発信事業・
連続講座「近江の城郭 足利将軍と近江」
第4回鈎陣所跡

応仁元年(1467)にはじまる応仁の乱により、中央権力としての室町幕府は衰退し、地方勢力が台頭する戦国時代が幕を開けます。近江においても守護六角氏が権力を振るうようになり、幕府に対し反抗的な態度を取るようになります。これに対し、将軍権力の回復をめざす室町幕府第九代将軍足利義尚は、長享元年(1487)、六角氏を討つため自らが近江に出陣し、鈎(栗東市上鈎)に布陣しました。しかし戦線は膠着し、義尚が延徳元年(1489)に陣中で没したため、六角氏を滅ぼすことはできませんでした。将軍親征をはねのけたことで、これ以後六角氏は戦国期の守護権力として自立していくこととなります。

この時義尚が陣を置いた場所については、史料には「真宝館」と書かれており、現在の永正寺(栗東市上鈎)付近に比定されています。また周囲には「寺内」の地名が残り、真宗寺内町との関連も指摘されています。

現地には、今も土塁や堀の痕跡が残されています。今回の講座では、文化財専門職員の案内で鈎陣所跡を訪ねます。

1.日時:平成30年2月12日(月・祝)13時45分~16時30分※13時15分受付開始

  • 栗東市手原赤坂会館集合
    ※JR草津線手原駅下車南へ徒歩5分 駅前で職員が誘導します。
    JR草津駅13時24分発→手原駅13時29分着
    JR貴生川駅12時53分発→手原駅13時12分着 をご利用ください。
  • JR手原駅解散

2.場所

  • 講義:手原赤坂会館(栗東市手原3丁目9-5)1階多目的ホール
  • 現地見学:鈎陣所跡・旧東海道

3.行程

  • 手原赤坂会館→旧東海道(旗本渡辺領代官猪飼邸・すずめ茶屋)→天王神社→鈎陣所跡(永正寺・寺内)→旧東海道→JR手原駅
  • 全行程約4km

4.主催:滋賀県教育委員会

5.協力:栗東市教育委員会

6.講師

  • 講義「鈎の陣」:藤岡英礼氏(栗東市教育委員会)
  • 現地探訪:藤岡英礼氏(栗東市教育委員会)

7.定員:80名(事前申込制・先着順)

8.参加費:無料

9.参加申込方法

  1. FAX・電話・メールに住所・氏名(ふりがな)・連絡先(携帯電話推奨)をお書きの上、下記までお申し込みください。
  2. 申込締切:平成30年2月8日(木曜日)午後5時

10.持ち物

  • 健康保険証(コピー可)、水筒、手袋、タオル、ウォーキングに適した服装・靴、雨具

11.その他

  1. 講座資料(A4B版8頁程度)を無料で配布します。
  2. 単独回のみの参加も可能です。
  3. 当日の気象条件等の変化により、コース・終了時間等を変更する場合があります。
  4. 悪天候等による中止の場合は2月9日(金曜日)午後5時までに参加者に連絡します。
  5. 集合場所に駐車場はありません。公共交通機関をご利用の上ご参加ください。

12.参加申込・問い合わせ

  • 滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査係
    〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678 城郭調査事務所
    TEL0748-46-6144/FAX0748-46-6145/E-mail:ma16@pref.shiga.lg.jp

13.今後の予定:第5回「足利将軍と近江」

  1. 現地探訪「観音寺城・景清道」
    日時:平成30年3月10日(土曜日)9時30分~16時30分
  2. シンポジウム「足利将軍と近江」
    日時:平成30年3月11日(日曜日)10時30分~16時30分
    講座会場:コラボしが21 3階大会議室

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 

電話番号:0748-46-6144

ファックス番号:0748-46-6145

メールアドレス:ma16@pref.shiga.lg.jp