文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2012年3月28日号 > 「滋賀県流域治水基本方針 - 水害から命を守る総合的な治水を目指して -」の策定について

ここから本文です。

提供日:2012年3月28日

部局名:土木交通部 流域政策局

所属名:流域治水政策室

担当名:企画・計画チーム

担当者名:田中、小根田

内線:4291

電話:077-528-4291

メール:ryuiki@pref.shiga.lg.jp

「滋賀県流域治水基本方針- 水害から命を守る総合的な治水を目指して-」の策定について

琵琶湖に流れこむ河川は一級河川だけでも120本近くあり、またそれぞれの河川はさらに小さな支流を持っています。滋賀県全体がまさに川や水路の網目に覆われ、人間の毛細血管のように大地を潤し、多様な生き物を育みながら、私たちの暮らしや産業をささえてきました。

しかし、戦後の高度経済成長の中で、急速に都市化や工業化が進んだ滋賀県では、地域社会における治水や水防の仕組みは次第に弱まり、水害への社会的関心は次第に低くなってきました。一方、平成23年に発生した東日本大震災や台風12号に伴う豪雨被害の経験を通じて、想定外にも備える防災・減災の重要性が、改めて強く認識されました。

そのような中で、潜在的な水害の危険性に対する認識を県民の皆さまと共有し、河川整備の計画規模を超える洪水を含め、どのような洪水にあっても命を守り、壊滅的な被害を防ぐ治水対策を構築していくことが必要となっています。

滋賀県が進める多面的な治水政策の道しるべとして、「滋賀県流域治水基本方針-水害から命を守る総合的な治水を目指して-」を策定しました。

また、この方針を策定するに当たって実施した県民政策コメント制度において、県民の皆さんから頂いたご意見・情報とそれに対する滋賀県の考え方を併せて公表します。


◆公表資料
◆県民政策コメント
  • 募集期間:平成23年3月9日(水曜日)~平成23年4月8日(金曜日)
  • 意見・情報数:1名から1件のご意見・情報をいただきました。
  • 資料は、流域政策局流域治水政策室、各土木事務所および長浜土木事務所木之本支所、県庁県民情報室、各環境・総合事務所(平成24年4月1日以後は各県税事務所)行政情報コーナーまたは県のホームページにてご覧いただけます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。