文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年11月29日号 > 平成29年度病害虫発生予察特殊報第2号(トマト黄化病)の発表について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年11月29日

平成29年度病害虫発生予察特殊報第2号(トマト黄化病)の発表について

1.トマト黄化病の特殊報を発表 

  

平成29年11月に、東近江地域の施設栽培のミニトマトで、葉に黄化症状を示す株が見つかりました。滋賀県病害虫防除所において遺伝子診断した結果、ToCV (トマト退緑ウイルス)によるトマト黄化病と判明しました。本病は国内では平成20年に栃木県で最初に発見され、これまでに15都県で発生が確認されています。

本病は、タバココナジラミ(バイオタイプBとQ)およびオンシツコナジラミによって媒介され、感染した植物から周囲の植物に感染が広がり、周囲の健全な植物に被害を及ぼす可能性が懸念されます。

なお、特殊報とは、県内に今まで発生が確認されていなかった病害虫を発見した場合や、病害虫が今までとは違う特異的な発生をする現象が認められた場合に発表しています。

平成29年度病害虫発生予察特殊報第2号(トマト黄化病)

2.トマト黄化病の特徴

発病の初期は、葉の一部の葉脈間が退緑・黄化します。症状が進むと葉脈に沿った部分を残して葉全体が黄化し、葉巻症状やえそ症状が現れます。黄化症状は中~下位葉に現れることが多いです。発病株では生育が抑制され、収量の減少傾向が見られます。

3.防除対策

1)媒介虫であるコナジラミ類の侵入を防ぐために、施設の開口部に防虫ネット(目合い0.4mm以下)を張る。

2)苗からの持込みに注意し、コナジラミ類の寄生やウイルス症状が見られないことを確認してから定植する。また、育苗期からコナジラミ類の防除を徹底する。

3)コナジラミ類の防除に際し、薬剤感受性低下を防ぐため、同一グループの薬剤の連用を避ける。

4)施設内および周辺の雑草は、コナジラミ類の増殖源となるので除去する。

5)発病株は見つけ次第抜き取り、適切に処分する。

6)栽培終了後は全株を地際から切断または抜根し、施設を10日以上密閉し、コナジラミ類を死滅させる。

 

お問い合わせ

滋賀県病害虫防除所 

電話番号:0748-46-4926

ファックス番号:0748-46-5559

メールアドレス:gc70@pref.shiga.lg.jp